Fon光は工事が2回必要で開通まで時間が掛かる!その代わり格安料金で高速です

Fon光は工事が2回必要で開通まで時間が掛かる!その代わり格安料金で高速です Fon光

『Fon光(ふぉんひかり)』は、速さに定評のあるNURO光と同じ回線を利用することで、下り最大2Gbpsの通信速度を実現している高速インターネットサービスです。

そのFon光の最大のデメリットが、他の光回線より開通までに時間が掛かること!

Fon光は屋内と屋外で2日に分けて工事を行うため、その調整などに時間が掛かり開通までが長いんです。

Fon光の開通までの目安
戸建ての場合1~2カ月程度
集合住宅の場合1~3カ月程度

ただし、2回の開通工事さえ終わってしまえば、後は3つのメリットによる快適なインターネット生活が待っています。

Fon光の3つのメリット
  1. Fon光は月額料金が安い!
  2. NURO光と同じ回線を使っているため高速・快適!
  3. ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる

という事で今回は、Fon光の開通工事の内容や工事料金、開通まで時間が掛かってもFon光をおすすめする理由について紹介していきます。

Fon光を申し込む方は、あらかじめ工事に時間が掛かると思って臨むと良いでしょう

\速さを兼ね備えた格安光回線/

>Fon光の特徴などが気になっている方はこちら

Fon光の開通工事は屋内と屋外で2回必要

一般的な光回線は大体1回の工事で開通しますが、Fon光の開通工事は2回に分けて行われます。

これは、屋内工事と屋外工事を別々の会社が担当しているためです。

2回の工事は基本的に別日に行われます。

  • 1回目:屋内工事
  • 2回目:屋外工事

それぞれの工事内容について詳しく見ていきましょう。

1回目:屋内工事の内容

NURO光の宅内工事

1回目の工事では作業担当者が1名やってきて、配線の確認や光コンセントの取り付け、機器の設置などを行います。

Fon光の屋内工事の手順
  1. 外壁に光キャビネットを取り付ける
  2. 宅内へ光ケーブルを引き、光コンセントを取り付ける
  3. Wifiルーター(ONU)を宅内に設置

状況によって伸びることもありますが、工事時間はだいたい1時間もかからずに終わる場合が多いです。

2回目:屋外工事の内容

NURO光の屋外工事

2回目は、NTTから派遣された業者が電柱から光ファイバーを引き込む工事を行います。

Fon光の屋外工事の手順
  1. 最寄りの電柱から光ケーブルを外壁まで引き込む
  2. 光ケーブルを光キャビネットに接続

屋外工事はおよそ1時間程度かかります。

立会いが必要ですが、工事の間中外に出て見ていなければならないわけでは無いのでご安心ください。

尚、2回目の工事は、混雑状況などにより宅内工事から1カ月以上かかる事もあります。

これが、Fon光が他光回線より開通までに時間が掛かってしまう大きな理由です。

注意:2回の工事は立会い必須!

Fon光の2回の工事は、どちらも家人の立会いが必要です。

工事予定日は必ず誰かが家にいるようにしましょう。

尚、立会いが必須といっても、別にずーっと作業を見守っている必要はありません。

最初と最後に説明を受ければ、後は業者さんに任せて家の中で好きなことをしていて大丈夫です。

Fon光の開通工事費は実質無料

Fon光の開通工事は2回に分けて行われるため、その工事費は他の光回線と比べてもかなり高額に設定されています。

なんと44,000円(税込)

ひぇっ、お高い・・・

ただし、キャンペーンにより工事費と同額の割引が適用され実質無料になるんです!

工事費44,000円(税込)
※36回払い
割引額44,000円(税込)

≪内訳≫
・2カ月目:1,230円(税込)
・3~35カ月目:1,222円(税込)
・36カ月目:2,444円(税込)
つまり・・・実質無料!

尚、このキャンペーンは工事費を最初から無料にするのではなく、あくまでも『月額料金から割引いて実質0円にする』という仕組みになっています。

そのため、36カ月利用する前にFon光を解約するとその時点で割引も終了となり、残った工事費は自己負担となってしまう点に注意が必要です。

オプション工事料金

Fon光には、基本工事以外のオプション工事も用意されています。

必要に応じで申し込みましょう。

尚、オプション工事費は無料になりません。

オプション工事の内容料金
屋内LAN工事12,430円(税込)
屋内電話設置工事12,430円(税込)
屋外LAN・電話工事18,040円(税込)

うちは1階に光コンセントを設置したけど、2階に届くWi-Fiの電波が弱かったので後日屋内LAN工事をしました。
おかげで今とても快適です!

Fon光は対応エリアが限られている

Fon光は日本全国どこでも契約できるわけではありません。

実は提供できるエリアが限られているんです。

地図上の青色に塗られている都道府県がFon光の対応エリアになります。

NURO光 対応エリア
Fon光の対応エリア

【北海道】北海道
【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
【東海】愛知、静岡、岐阜、三重
【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

【中国】岡山、広島
【九州】福岡、佐賀

ですので、もしエリア内にお住いならラッキー!

高速の格安光回線『Fon光』を選択肢に入れることが出来るからです。

エリア外だった場合は残念ながらFon光のエリア拡大を期待して待つか、他の光回線を検討するしかありません。

開通工事に時間が掛かってもFon光をおすすめするワケ

Fon光は屋内と屋外で2回に分けて工事を行う分、他の光回線に比べて開通までに時間が掛かってしまうのが大きなデメリットです。

ただ、そのことを差し引いてもFon光を契約するメリットが3つあります。

Fon光の3つのメリット
  1. Fon光は月額料金が安い!
  2. NURO光と同じ回線を使っているため高速・快適!
  3. ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる

2回の工事が終わるまで辛抱すれば、後は安くて快適なインターネット回線が手に入るんです!

では、3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.Fon光は月額料金が安い!

Fon光の各種料金を表にまとめました。

月額基本料金4,378円(税込)
開通工事費実質無料
※44,000円(税込)を36ヶ月分割で相当額の割引適用
契約事務手数料3,300円(税込)
契約期間契約期間:初年度3年、以降2年更新
更新月:初年度36~38ヶ月目、以降24ヶ月目~26ヶ月目ごと
契約解除料3,148円(税込)
※更新月で解約すれば不要

特に注目すべきは月額料金の安さです。

Fon光の月額料金には、他社回線では別途オプション料金がかかる事もあるWi-Fiと高速通信が含まれています。

もちろんプロバイダ料金も込み。

それでこの月額料金は本当に安いです!

『格安系』と言われている光回線同士で比較してみましたが、戸建て向けではFon光が最安でした!

格安系光回線の比較記事

2.NURO光と同じ回線を使っているため高速・快適!

Fon光は、速度が速いことで有名なNURO光の回線を利用しているインターネットサービスです。

回線品質は全く同じですので、速くて途切れにくいNURO光の特徴そのままにインターネットを利用できます。

ストリーミングでの動画視聴やビデオ会議、オンラインゲームなどで、速くて安定したインターネット回線を求める人にはぴったりの光回線と言えるでしょう。

Fon光が超高速なワケ

Fon光 2Gbps

フレッツ光やauひかり、ドコモ光など、ほとんどの光回線の一般的なプランは、最大通信速度が1Gbpsとなっています。

それに対して、Fon光の下り最大通信速度は2Gbpsで、他社の2倍となっているんです。

Fon光の回線速度
下り最大通信速度上り最大通信速度
2Gbps1Gbps

これはあくまでも『最高の環境を整えた場合、これだけの速度が出るだろう』という計算値で、家庭環境で実際にここまでの速度が出ることはありません。

しかし、元のスペックがこれだけ違えば、実測値は2倍の差が開かないまでもやっぱり他社よりも速くなる可能性が高いと言えるでしょう。

また、回線混雑の影響を避けることが出来る通信方式に対応している事も、Fon光の速さの理由の一つです。

他の光回線でも似たような仕組みを導入しているところがありますが、そのほとんどはオプション扱いになっていて、別途申し込みが必要だったり、月額料金が掛かったりします。

一方Fon光はデュアル方式に標準対応しているため、特別な申し込を必要とせず、誰でもそのスピードを体感することが出来るんです。

3.ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる

おうち割 光セット

Fon光+光でんわとソフトバンクスマホをセットで利用すると、『おうち割 光セット』という割引サービスが適用できます。

スマホとのセット割が利用できる格安光回線は、かなり珍しいと言えるでしょう!

おうち割 光セットが適用されると、自分や家族のソフトバンクスマホ、3Gケータイ、またはiPadの月額料金から毎月割引が受けられます。

割引額はスマホの契約プランによって異なり、1台につき550円(税込)~1,100円(税込)

しかも、家族の端末を含め合計10台まで対象にすることが出来ます。

例えば、夫婦2人でソフトバンクのスマホを使っている場合、月々最大1,100円(税込)がそれぞれの携帯料金から割り引かれるので、毎月の通信費から2,200円(税込)削減できることに。

家族内にソフトバンクスマホユーザーが多ければ、Fon光を選ぶメリットはさらに大きくなります。

Fon光の開通工事についてよくある質問

Fon光の工事について、よくある質問をまとめました。

  • 申し込んでから2回の開通工事が終わるまではどのくらいの期間が掛かりますか?
  • 工事の際に壁に穴は開けますか?
  • 現在別の光回線を契約していますがFon光に乗り換える際に工事は必要ですか?
  • 1回目の屋内工事が終わった後でもキャンセルは無料でできますか?
  • 開通できるか事前に確認できますか?

申し込んでから2回の開通工事が終わるまではどのくらいの期間が掛かりますか?

Fon光の開通までの目安は下表のとおりです。

戸建ての場合1~2カ月程度
集合住宅の場合1~3カ月程度

※引っ越しシーズンなどは工事予約が混雑して、さらに遅れる場合もあります。

工事の際に壁に穴は開けますか?

エアコンダクトなどの既設の配管を優先的に利用して工事を行うため、基本的に穴を開けることはありません。

ただし、建物の状態によってはどうしても穴開けが必要になる場合もあります。

その際も、必ず先に工事業者の方から相談があるので、どうしても嫌な場合は断りましょう。

現在別の光回線を契約していますがFon光に乗り換える際に工事は必要ですか?

Fon光は、他社で引いた光回線をそのまま利用することは出来ないため、導入時に工事が必要です。

ちなみにFon光はNURO光の回線を利用していますが、NURO光からの乗り換え時でも導入工事は必須で行われます。

1回目の屋内工事が終わった後でもキャンセルは無料でできますか?

2回目の屋外工事の実施前々日までであれば、無料でキャンセル可能です。

開通できるか事前に確認できますか?

工事の際に建物の状態などをチェックして開通可否を判断しているため、事前に確認することは出来ません。

尚、万が一開通不可となってしまった場合でも、キャンセル料は発生しないので安心してください。

まとめ

Fon光の開通工事の内容や工事料金、開通まで時間が掛かってもFon光をおすすめする理由について紹介しました。

今記事のまとめです。

Fon光は屋内と屋外で2日に分けて工事を行うため、その調整などに時間が掛かり申し込んでから開通までが長いです。

Fon光の開通までの目安
戸建ての場合1~2カ月程度
集合住宅の場合1~3カ月程度

ただ、そのことを差し引いてもFon光を契約するメリットが3つあります。

Fon光の3つのメリット
  1. Fon光は月額料金が安い!
  2. NURO光と同じ回線を使っているため高速・快適!
  3. ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる

Fon光は、安くて速いインターネット環境がほしい方にピッタリの光回線です。

急いで開通しなければ困るような状況でないのなら、ぜひFon光の導入を検討してみましょう!

\速さを兼ね備えた格安光回線/
タイトルとURLをコピーしました