GMOとくとくBB光のメリット・デメリットを調査!特に料金の安さと速度を求める方におすすめです

GMO光アクセスのメリット・デメリットを調査!特に料金の安さと速度を求める方におすすめです GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光は、『シンプルに安い』をキャッチコピーに掲げている、今大注目の光回線サービスです。

果たしてそのコピー通りに本当に安いのか、また通信速度は快適なのかなど、気になっている人は多いのではないでしょうか。

安いのは嬉しいけど、速度が遅かったら意味が無いしなぁ

そこで今回は、GMOとくとくBB光のメリットとデメリットを調査し、どんな人におすすめできる光回線なのか、またどういった人には向いていないのかをまとめました。

GMOとくとくBB光のメリットはこちら!

  1. シンプルに安い!お得な利用料金
  2. 「v6プラス」による安定した高速通信
  3. 高性能Wi-Fiルーターは無料レンタル
  4. 日本全国どこでも利用可能!広い提供エリア
  5. 安心・信頼の顧客満足度1位

一方でデメリットもあります。

  1. スマホとのセット割りやキャッシュバックがない
  2. 解約するタイミングによっては工事費残債が発生する
  3. 土日祝・夜間や時間指定は追加工事費が必要

結論から言うと、GMOとくとくBB光はキャッチコピー通り月額料金が安く、しかもv6プラスを標準装備しているため速度においても申し分ない、優れたインターネットサービスと言えるでしょう!

GMOとくとくBB光はこんな人におすすめ
  • 月々の利用料金を安く抑えたい
  • 快適な速度でインターネットを使いたい
  • MVNOなどの格安スマホを使用中
  • 引っ越し予定がない
  • 単身世帯
GMOとくとくBB光にはあまり向かない人
  • 大手キャリアのスマホで大幅なセット割引を受けられる
  • 引っ越し予定がある

尚、当サイトの下記ボタンから行ける公式特設サイトから申し込むと、限定特典として『さらに安い月額料金』でGMOとくとくBB光を利用できるようになります。

GMOとくとくBB光の申し込みを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

\月額料金が安くなる特典が適用できる!/

>特設ページのキャンペーン内容詳細

GMOとくとくBB光とは?通信速度や料金体系の概要をチェック

GMOとくとくBB光は、ドコモ光やauひかりの人気プロバイダでもある『GMOとくとくBB』が、自社のインターネットサービスとして展開している光回線です。

NTTの光回線網を借り受け、自社のプロバイダサービスとセットにして提供する光コラボレーションの一つで、シンプルな料金設定で快適なインターネットが利用できます。

光コラボレーション・サービスとは

携帯事業者やプロバイダ事業者がNTTのフレッツ光回線を借り受け、自社のサービスとセットにして運用している光回線サービスのこと。
有名どころだと、ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、楽天ひかり、ビッグローブ光などがある。

ちなみに、サービスリリース当初は『GMO光アクセス』という名前でした

GMOとくとくBB光の特徴を表にまとめました。

回線タイプ光コラボレーションサービス
月額料金≪ファミリー(戸建て)≫
4,818円(税込)

≪マンション≫
3,773円(税込)
開通工事費≪ファミリー(戸建て)≫
実質無料!
26,400円(税込)
※36回に分けて同額分を割引

≪マンション≫
実質無料!
25,300円(税込)
※36回に分けて同額分を割引
事務手数料3,300円(税込)
最大通信速度・下り:1Gbps
※ベストエフォート型サービス
通信速度
(実測値)
・下り:345.71Mbps
・上り:304.74Mbps
Wi-Fiルーターv6プラス対応ルーター無料レンタル
対応エリア全国
契約期間24ヶ月ごとに自動更新
解約違約金契約更新月:0円
※通信速度(実測値)はGMOとくとくBB光公式サイト から引用。2020年10月1日~2021年9月30日 全国合計 2,890件 有線LANでの計測結果。
※月額料金、開通工事費、解約違約金は公式特設サイトの限定特典を反映したものです。

GMOとくとくBB光の紹介動画

GMOとくとくBBの公式YouTubeチャンネルにGMOとくとくBB光の紹介動画がアップされていましたので、お時間のある方は併せてご覧ください。

45秒の短いアニメーション動画で、特徴をわかりやすく紹介しています。

GMOとくとくBB光の5つのメリット

GMOとくとくBB光のメリットを5つにまとめました。

  1. シンプルに安い!お得な利用料金
  2. 「v6プラス」による安定した高速通信
  3. 高性能Wi-Fiルーターは無料レンタル
  4. 日本全国どこでも利用可能!広い提供エリア
  5. 安心・信頼の顧客満足度1位

順番に見ていきましょう。

1.シンプルに安い!お得な利用料金

GMOとくとくBB光の最大の特徴は、その月額料金の安さでしょう!

他の光回線サービスと比較してみると一目瞭然です。

戸建てマンション
GMOとくとくBB光4,818円(税込)3,773円(税込)
NURO光5,200円(税込)5,200円(税込)
ドコモ光5,720円(税込)4,400円(税込)
ソフトバンク光5,720円(税込)4,180円(税込)
auひかり5,610円(税込)4,180円(税込)
楽天ひかり5,280円(税込)4,180円(税込)

うわー、GMOとくとくBB光めっちゃ安い!

これは、複雑で分かりにくいプランやスマホとのセット割引サービスなどを取っ払い、始めからシンプルで最大限安くなるようなプラン設計をしているためでしょう。

最近では、光回線とのセット割が組めない『格安SIM/格安スマホサービス』が台頭してきているため、そういったスマホを利用している方にはとてもメリットがあります。

2.「v6プラス」による安定した高速通信

『料金が安いってことは、その分品質が悪くて速度が遅いのでは・・・』と思っている方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

GMOとくとくBB光は、回線混雑の影響を避けて快適・高速にインターネットが利用できる接続方式『v6プラス』を標準装備している光回線なんです!

v6プラスについては少し難しいので、順を追って説明いたします。

従来、光回線はIPv4(PPPoE)という方式を使ってインターネットに接続していますが、この方式は回線混雑などの影響を受けて速度が遅くなりやすいという問題がありました。

そこで登場したのが、回線混雑の影響を受けずに快適にインターネットが利用できるIPv6(IPoE)という接続方式です。

ただし、IPv6接続ではIPv4に対応したサイトやインターネットサービスが利用できないという問題が残りました。

世の中にはまだIPv4に対応したサービスがたくさんあるんです。

この問題を解決するために開発された『v6プラス』は、IPv6接続のままIPv4対応サービスも利用できる『IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6』という画期的な接続方式です。

v6プラスとは

GMOとくとくBB光はv6プラスを標準装備しているので、申し込み不要、料金不要で契約者全員が最初から高速インターネットを利用することが出来ます。

尚、快適な通信速度の目安はおよそ30~50Mbps程度とされているのに対し、GMOとくとくBB光の実測値は下り345.71Mbps、上り304.74Mbpsを実現しています。

※通信速度(実測値)はGMOとくとくBB光公式サイト から引用。2020年10月1日~2021年9月30日 全国合計 2,890件 有線LANでの計測結果。

3.高性能Wi-Fiルーターは無料レンタル

スマホやノートパソコン、ゲーム機やIT家電などを光回線に接続する際に欠かせないのがWi-Fiルーターです。

GMOとくとくBB光は、v6プラスに対応したWi-Fiルーターを無料で貸し出しています。

一般的に、自分で市販のWi-Fiルーターを購入したり、有料オプションに入らなければWi-Fiが飛ばせない光回線が多いので、相性の良い機種を無料でレンタルできるのは嬉しいポイントと言えるでしょう!

ちなみに、v6プラス対応ルーターはネット通販や家電量販店では6,000円〜20,000円くらいします。

また、光回線業者から有料レンタルする場合は、月額550円(税込)くらいが相場です。

4.日本全国どこでも利用可能!広い提供エリア

GMOとくとくBB光は、日本全国に広がっているNTTの光回線網を利用しているため、国内ほぼ全ての地域で利用可能です。

フレッツ光回線のエリアカバー率は下表の通り。

フレッツ光回線の対応エリアカバー率
NTT東日本95%
NTT西日本93%
フレッツ光 対応エリア

これなら『契約したかったのにエリア外だった・・・』と、がっかりする可能性は限りなく低いでしょう。

他光回線の中には、日本全国には対応していないサービスもあります。

たとえば『NURO光』や『auひかり』などです。

そういった光回線でエリア外と判定されてしまった住所でも、GMOとくとくBB光なら契約できる可能性が高いと言えます。

5.安心・信頼の顧客満足度1位

GMOとくとくBBは、『2020年 オリコン顧客満足度®調査 プロバイダ 広域企業ランキング』で、2年連続の総合1位を獲得しているプロバイダです。

光回線で利用者が最も重視するポイントは『速度』と『料金』の2つだと思うので、GMOとくとくBBがそこに注力している結果でしょう。

光回線は基本的に開通工事が必要になるため、無料トライアル期間なんてものはありません。

そのため、光回線を選ぶ際は実際に利用している方の評価が重要なポイントになります。

その点『GMOとくとくBB』は2年連続で高評価を受けているので、安心して契約できるでしょう。

GMOとくとくBB光の3つのデメリット

GMOとくとくBB光にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

  1. スマホとのセット割りやキャッシュバックがない
  2. 解約するタイミングによっては工事費残債が発生する
  3. 土日祝・夜間や時間指定は追加工事費が必要

契約を検討している方は、こちらもしっかり把握しておきましょう。

1.スマホとのセット割りやキャッシュバックがない

GMOとくとくBB光はスマホのセット割サービスがありません。

そのため、docomoやau、SoftBankなど大手キャリアのスマホを利用している方は、セット割が適用できる光回線を選んだ方がお得になる可能性があります。

加えて申込特典のキャッシュバックもありません。

光回線の中には、申し込みキャンペーンで高額キャッシュバックが受け取れるところもあるので、そこに魅力を感じている方もいるでしょう。

しかし、GMOとくとくBB光はそもそもそういった複雑で分かりにくいサービスを取っ払い、シンプルなプラン設計にすることで月額料金を安くしています。

スマホも他社に乗り換えてしまえばセット割は終了してしまいますし、一時的なキャッシュバックよりも安い月額料金を取った方が長期的に考えればお得です。

長く使うつもりの人には、これらのデメリットはあまり問題にならないでしょう。

2.解約するタイミングによっては工事費残債が発生する

GMOとくとくBB光の開通工事費は実質無料となりますが、工事費が無くなるわけでは無く同額分が割引となる仕組みという事に注意が必要です。

全ての割引が適用される前に解約した場合は、その時点で割引サービスは終了となり、残りの工事費は自己負担しなければなりません。

戸建て向け、マンション向けとも36回分割なので、3年以内に解約すると工事費の残債の支払いが発生するという事です。

3.土日祝・夜間や時間指定は追加工事費が必要

光回線の開通工事は基本的に立ち合い必須のため、平日昼間に仕事をされている方は土日や夜間の工事を希望する場合もあると思いますが・・・

GMOとくとくBB光では、土日祝工事や夜間の指定をすると追加費用がかかります。

これがビックリするほど高額なんです・・・

工事内容追加費用
昼間(9:00-17:00)の時間指定12,100円(税込)
※時間指定しなければ0円
夜間(17:00-22:00)27,610円(税込)
深夜(22:00-8:30)44,210円(税込)
土日祝3,300円(税込)
※追加工事費は一括での請求となります。

土日祝日工事費くらいは良いとして、その他の時間帯指定の追加工事費は絶対避けたいところ。

家族の協力なども頼って、昼間ずっと家にいられる日に開通工事を設定しましょう。

GMOとくとくBB光がおすすめな人・おすすめではない人

これまで紹介してきたメリット・デメリットを踏まえた上で、GMOとくとくBB光がおすすめな人と、あまり向いていない人の特徴をまとめました。

1.GMOとくとくBB光はこんな人におすすめ!

以下の項目に当てはまる人は、GMOとくとくBB光がおすすめです。

  • 月々の利用料金を安く抑えたい
  • 快適な速度でインターネットを使いたい
  • MVNOなどの格安スマホを使用中
  • 引っ越し予定がない
  • 単身世帯

特にシンプルな月額料金の安さを求めている人や、通信速度を重視している人に向いています。

また、大手キャリアのスマホを契約していても、割引額が少なければGMOとくとくBB光を選んだ方が良いでしょう。

2.GMOとくとくBB光がおすすめではない人

以下の項目に当てはまる方は、GMOとくとくBB光以外の光回線を検討した方が良いかもしれません。

  • 大手キャリアのスマホで大幅なセット割引を受けられる
  • 引っ越し予定がある

例えば、docomoスマホを利用している家族が多ければ『ドコモ光』、auスマホやUQモバイルを利用している家族が多ければ『auひかり』を選んだ方が、トータルで見た通信費が安くなる場合があります。

また、短期間で解約すると工事費の残債が発生してしまうため、引っ越し予定がある人にも向いていません。

まとめ

GMOとくとくBB光のメリットとデメリットをまとめ、どんな人におすすめできる光回線なのか、またどういった人には向いていないのかを紹介しました。

今記事のまとめです。

GMOとくとくBBのメリットはこちら。

  1. シンプルに安い!お得な利用料金
  2. 「v6プラス」による安定した高速通信
  3. 高性能Wi-Fiルーターは無料レンタル
  4. 日本全国どこでも利用可能!広い提供エリア
  5. 安心・信頼の顧客満足度1位

一方でデメリットもあります。

  1. スマホとのセット割りやキャッシュバックがない
  2. 解約するタイミングによっては工事費残債が発生する
  3. 土日祝・夜間や時間指定は追加工事費が必要

これらを踏まえたうえで、GMOとくとくBB光が向いている人と向いていない人を下記のようにまとめました。

GMOとくとくBB光はこんな人におすすめ
  • 月々の利用料金を安く抑えたい
  • 快適な速度でインターネットを使いたい
  • MVNOなどの格安スマホを使用中
  • 引っ越し予定がない
  • 単身世帯
GMOとくとくBB光にはあまり向かない人
  • 大手キャリアのスマホで大幅なセット割引を受けられる
  • 引っ越し予定がある

GMOとくとくBB光は『シンプルに安い』のキャッチコピー通り月額料金が安く、しかもv6プラスを標準装備しているため速度においても申し分ない、とても優れたインターネットサービスです。

『こんな人におすすめ』の項目に一つでも当てはまった人は、利用を検討してみましょう!

尚、当サイトの下記ボタンから行ける公式特設サイトから申し込むと、限定特典として『さらに安い月額料金』でGMOとくとくBB光を利用できるようになります。

普通に申し込むよりもずっとお得ですので、この機会にぜひご活用ください。

\月額料金が安くなる特典が適用できる!/

>特設ページのキャンペーン内容詳細

タイトルとURLをコピーしました