ドコモスマホの月額料金割引が受けられる!セット割に対応したインターネット回線

ドコモスマホの月額料金割引が受けられる!セット割に対応したインターネット回線 enひかり

自分やご家族がドコモのスマホをお使いで、『どうせならセット割が組めるインターネット回線にしたい!』とお考えではありませんか?

現在、ドコモスマホとセット割が組めるインターネット回線は2種類あります。

光回線の『ドコモ光』と、ホームルーターの『ドコモ home 5G』です。

今記事では、この2つのインターネット回線の特徴と、それぞれどのような人におすすめなのかを紹介します。

ドコモスマホとセット割が組めるインターネット回線

基本的には、通信が安定していて初期費用も安く抑えられるドコモ光がおすすめです!

また、ahamoとセット割が組める『enひかり』や、場合によってはセット割を組むよりお得になる『格安光回線』についても併せて紹介します。

ahamoユーザーにおすすめの格安光回線

例えば、セット割を組んでもドコモスマホの割引額が550円(税込)にしかならない場合は、ahamoに乗り換えて格安光回線を契約した方がトータルでお得です

ご家庭の状況にあわせて、最適なインターネット回線を選びましょう!

ドコモ光のランキングボタン
\ドコモ光の窓口選びに悩んだらコチラ/

ドコモスマホとインターネット回線のセット割とは

ドコモ光 セット割

ドコモのセット割は、対象スマホと対象インターネットサービスをセットで利用することで、スマホ側の月額料金割引が受けられる公式サービスです。

割引額は最大1,100円(税込)で、家族のスマホも併せて最大20台まで割引対象に出来ます。

ちなみに、家族の定義は三親等までで、離れて住んでいるご家族や、事実婚・同性パートナーのスマホも割引対象です

割引の適用方法は、割引対象のスマホとインターネットサービスを同一名義で契約し、ペア回線に設定するだけ。

家族が割引対象スマホを持っている場合は『ファミリー割引グループ』を組むことで、割引が適用されます。

対象スマホの台数によっては、インターネット回線の月額料金よりも割引額の方が大きくなるドコモの超目玉サービスです!

ドコモスマホとセット割が組めるインターネット回線は限られている

ソフトバンクやauのスマホとセット割が組めるインターネット回線は多数ありますが、ドコモは現状2種類に限定しています。

光回線の『ドコモ光』と、ホームルーターの『ドコモ home 5G』です。

ドコモのホームルーター
ドコモ home 5G

つまり、ドコモ系の光回線かホームルーターの2択と言うことになります。

ホームルーターは工事不要で簡単に導入できるのがメリットですが、光回線の方が通信が安定していて初期費用なども安く抑えることが出来ます。

月額料金についても大きな差は無いため、工事が出来るなら『ドコモ光』がおすすめです。

ドコモ光とドコモ home 5Gの月額料金比較

ドコモスマホの月額料金が割引になるインターネット回線

ドコモスマホとのセット割が組める下記2種類のインターネット回線について、それぞれどんな特徴があり、どんな方におすすめなのかを見ていきましょう。

光回線『ドコモ光』

ドコモ光は、NTTドコモがフレッツ光の回線網を借り受け、提携しているプロバイダのサービスとセットにして提供している光回線サービスです。

ドコモ光とは

電柱を走る光ファイバーを宅内まで引き込むため、安定した高速インターネットを楽しむことが出来ます。

提携プロバイダは23社あり、どのプロバイダを選択するかで、料金や利用できるサービスが変わってくるのがドコモ光の大きな特徴です。

戸建てマンション
1ギガ タイプA
(2年契約)
5,720円(税込)4,400円(税込)
1ギガ タイプB
(2年契約)
5,940円(税込)4,620円(税込)
1ギガ 単独タイプ
(2年契約)
5,500円(税込)
+プロバイダ料
4,180円(税込)
+プロバイダ料
ドコモ光 タイプAのプロバイダ17社
  • @nifty
  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • BIGLOBE
  • andline
  • hi-ho
  • Tigers-net.com
  • SIS
  • エディオンネット
  • ic-net
  • BB.excite
  • SYNAPSE
  • 楽天ブロードバンド
  • TikiTiki
  • @ネスク
ドコモ光 タイプBのプロバイダ6社
  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • WAKWAK
  • AsahiNet
  • @ちゃんぷるネット

おすすめのプロバイダは、月額料金が安いタイプAで、高速通信規格に標準対応し、さらにWi-Fiルーターを無料でレンタルできるGMOとくとくBBです。

尚、どのプロバイダを選んでも、ドコモの公式キャンペーンにより新規工事費は無料になります。

\申し込みでキャッシュバックが貰える!/

>ドコモ光についてさらに詳しくはこちら

ホームルーター『ドコモ home 5G』

コンセントに挿すだけで、すぐ使える(ドコモ home 5G)

ドコモ home 5Gは、コンセントに挿すだけでカンタンにインターネットが使えるようになるホームルーターです。

ドコモのモバイル電波を専用端末で受信しWi-Fiを飛ばす仕組みなので、面倒な開通工事はいりません。

また、5G通信に対応しているため、お住まいがドコモの5Gエリアに入っていれば下り速度は光回線に匹敵する可能性もあります。

ただし、重たいファイルをアップロードしたり、動画を配信する際に重要になってくる上り速度は光回線より遅いです。

さらに、オンラインゲームに影響するPing値も光回線に大きく劣ります。

これはモバイル電波を利用している仕組み上、致し方ないと言えるでしょう

そのため、基本的にはドコモ光をおすすめします。

現状ドコモ home 5Gは、事情により光回線の工事が出来ない方の代替え回線と考えてください。

\Amazonギフトが貰える!/

>ドコモ home 5Gについてさらに詳しくはこちら

ドコモの格安プラン『ahamo』はセット割の対象外

私は今度『ahamo』に乗り換える予定なんだけど、セット割を組んだら更に安くなるのかな?

残念ながら、ドコモの格安プランahamoはセット割の対象外です。

これはそもそも、ahamoは割引サービスや各種キャンペーンを排除しシンプルな設計にすることで、月額料金をリーズナブルにしているためだと考えられます。

ただahamoの月額料金はセット割を組んだドコモスマホよりも安く、回線品質は変わらないので、スマホの通信費を落としたいなら乗り換えがおすすめです。

実はahamoと非公式にセット割が組める光回線がある

ドコモ公式のセット割は対象外のahamoですが、実は非公式にセット割を行っている光回線があります。

それがenひかりです。

enひかりの『勝手に割り』

enひかり ロゴ

格安光回線のenひかりは、enひかりが勝手に決めた対象サービスとenひかりをセットで利用しているユーザーに対し、enひかりの月額料金を割り引くサービスを行っています。

その名も『勝手に割り!』

そ、そのまんま

勝手に割りの対象サービスは以下の3つです。

  • UQ mobile
  • ahamo
  • povo

これらの格安SIMサービスとenひかりを契約し、enひかりのカスタマーセンターに申請することで110円(税込)の割引が適用されます。

勝手に割り適用後のenひかりの月額料金は下表の通り。

タイプ月額料金
enひかりマンション3,410円(税込)
enひかりファミリー4,510円(税込)
enひかりクロス5,335円(税込)

他社の格安光回線と比較してもかなりリーズナブルな料金です!

※enひかりの高速通信規格は有料オプション扱いで、利用する場合は毎月198円(税込)加算される点にご注意下さい。

尚、割引対象の格安SIMサービスを継続利用しているかは、もちろんenひかり側では認知できません。

そりゃあ勝手にやってるからねぇ

そのため、時々enひかりのカスタマーセンターから、対象サービスの契約が確認できる資料の提示を求められることがあるようです。

また、勝手に割りの適用には、対象サービスの契約が無くなった場合1カ月以内にenひかりカスタマーセンターに連絡する事を約束する必要があります。

\ahamoとセット割が組める格安光回線/

>enひかりについてさらに詳しくはこちら

ahamoの人は無理にセット割を組まず格安光回線を選ぶのも一つ

ahamoと非公式にセット割が組める光回線は確かにありますが、その割引額は決して大きくありません。

また、ahamoは単体で十分安価なサービスだからこそ、セット割に縛られること無く自由にインターネット回線を選択できるのもメリットです。

そこで、ここではahamoを契約している方におすすめしたい格安光回線を2つ紹介いたします。

新規申込なら『excite MEC光』

エキサイトMEC光 キャンペーン

excite MEC光は、検索エンジンやポータルサイトなどを展開するエキサイト株式会社がNTTのフレッツ光回線を借り受けて提供している光回線サービスです。

その特徴は、格安光回線であること、そして工事費が無料であること、さらに契約期縛り&解約違約金ないことが挙げられます。

特に、工事費無料と解約違約金無しの両方に対応しているのがすごい!

つまり、仮に短期で解約することになっても、工事費の残債や解約違約金を請求されてしまうリスクが一切無いんです。

この両方に対応している光回線はほぼありません。

また、高速通信規格のDS-Liteに標準対応していて、さらに申し込みキャンペーンでWi-Fiルーターが貰えるため、開通直後から安定したインターネット通信が利用できます。

exciteMEC光は、特に初めて自宅に光回線を導入するという方におすすめです。

\高速通信対応のWi-Fiルーターが貰える!/

>excite MEC光についてさらに詳しくはこちら

乗り換えなら『GMO光アクセス』

GMOとくとくBB光 アイキャッチ

GMO光アクセスは、ドコモ光やauひかりの人気プロバイダでもある『GMOとくとくBB』がNTTのフレッツ光回線を借り受け、自社で提供している光回線サービスです。

その特徴は、格安光回線の中でも最安級の料金設定工事費が実質無料になること、Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできることなどが挙げられます。

特に月額料金は、他社の格安光回線と比較しても安いです!

また、v6プラスの高速通信に標準対応していて、コスパに優れた光回線と言えるでしょう。

一方、開通工事費はキャンペーンにより実質無料になるものの、36カ月かけて同額を割り引いていく仕組みで、万が一途中で解約すると残債を請求されてしまいます。

そのためGMO光アクセスは、すでに自宅に光回線を導入済みで工事不要で乗り換えが出来る方におすすめです。

\最大30,000円キャッシュバック!/

>GMO光アクセスについてさらに詳しくはこちら

ドコモスマホとセット割が組めるインターネット回線まとめ

ドコモスマホとセット割が組める2種類のインターネット回線と、ahamoを利用している方におすすめの格安光回線を紹介しました。

今記事のまとめです。

ドコモスマホとセット割が組めるのは以下の2種類です。

ドコモスマホとセット割が組めるインターネット回線

ドコモ home 5Gは工事不要で簡単に導入できるのがメリットですが、ドコモ光の方が通信が安定していて初期費用なども安く抑えることが出来ます。

月額料金についても大きな差は無いため、工事が出来るなら『ドコモ光』がおすすめです。

また、ドコモの格安プラン『ahamo』はセット割が組めません。

そのため、非公式にセット割が組めるenひかりや、元々の月額料金が安い格安光回線を検討してみてください。

ahamoユーザーにおすすめの格安光回線

ご家庭の状況にあわせて、最適なインターネット回線を選びましょう!

タイトルとURLをコピーしました