GameWith光のメリット・デメリットを調査!オンラインゲーム・eスポーツに特化した光回線

GameWith光のメリット・デメリットを調査!オンラインゲーム・eスポーツに特化した光回線 光回線

『GameWith光』は、その名前からも想像できる通り、オンラインゲームやeスポーツに最適化された光回線です。

ゲームに特化した光回線って、これを使えばゲームが上手くなるってこと?

ザックリ言えば、その通り!
オンラインゲームを遊ぶ際にラグが起きにくくなるので、対戦に強くなるの

ということで、今回はオンラインゲーマー必見!

GameWith光のメリットとデメリット、さらにどういった方におすすめで、逆にどういった人には不向きなのかを紹介します。

GameWith光は特にこんな方におすすめです。

  • FPS / TPSや格闘などのオンラインゲームをする人
  • 遅延がなく安定した通信環境がほしい
  • 現在、フレッツ光や光コラボレーションを契約しているオンラインゲーマー

逆に、下記項目に当てはまったら避けた方が無難でしょう。

  • ゲーマーではない
  • 月額料金の安さを重要視している
  • NURO光の対応エリアに住んでいる

GameWith光が気になっていた方は、ぜひチェックしてみてください。

\オンラインゲームに特化した光回線/

GameWith光の概要

gamewith光
運営会社株式会社GameWith
月額料金戸建て:6,160円(税込)
マンション:4,840円(税込)
回線速度上り・下り 最大1Gbps
開通工事費戸建て:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
※立ち会い工事無し:2,200円(税込)
※転用・事業者変更は0円
契約手数料2,200円(税込)
契約期間2年(自動更新)
解約違約金ファミリー:6,160円(税込)
マンション:4,840円(税込)
原状回復工事費転用:33,000円(税込)
事業者変更:17,600円(税込)
提供エリア全国
スマホセット割引無し

『GameWith光』は、国内最大級のゲーム系メディアサイト『ゲームウィズ』を運営する株式会社GameWithが提供しているインターネットサービスです。

ゲーマー向けに特化し、eスポーツやオンラインゲームの利用を想定したラグの少ない回線が特徴です。

また、GameWith光はプロバイダ一体型の『光コラボレーション・サービス』ですので、プロバイダと回線を別々に契約する必要はありません。

GameWith光と契約するだけで、快適なインターネットが利用できます。

光コラボレーション・サービスとは

携帯事業者やプロバイダ事業者がNTTのフレッツ光回線を借り受け、自社のサービスとセットにして運用している光回線サービスのこと。
有名どころだと、ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、楽天ひかり、ビッグローブ光などがある。

GameWith光 公式PV

GameWith光のメリット

GameWith光を契約するメリットは3つあります。

一つずつ見ていきましょう。

1.Ping値が低く遅延が起きにくい

Ping値とは

ping値は、データの送受信にかかった反応速度を数値化したものです。
例えば、格闘ゲームなどでプレイヤーがボタンを押してから、キャラクターが実際に技を繰り出すまでの時間と考えていただければわかりやすいと思います。
ping値が高いほど反応速度は遅くなりラグが発生しやすく、逆に低ければ反応速度は速くなります。

GameWith光のPing値は平均10ms以下であり、遅延・ラグの少なさが強みです。

低いPing値が求められるFPS / TPSや格闘ゲームは、15ms以下が目安とされています。

ラグが勝敗を分けることもあるため、Ping値の低さはゲーマーがインターネット回線を選ぶ上で最も重要なポイントといっても過言ではありません。

尚、GameWith光は、人気TPSゲーム『フォートナイト』の時間帯別Ping値を公表しています。

19時〜22時台の混雑しやすい時間帯でも7.3〜9.8msの低Ping値を記録していることから、ほとんどラグがない回線と言えるでしょう。

フォートナイトにおけるプレイ時間帯別Ping値(1マッチ中の平均)
19時台20時台21時台22時台
GameWith光8.19.29.87.3
回線A22.122.324.820.9
回線B45.851.944.845.3

※GameWith光公式サイトから引用
※2022年2月22日にフォートナイトでテストプレイした際に、プレイ開始から終了まで10秒ごとに計測したPing値の平均値

2.専用帯域&高速通信規格(IPv4 over IPv6)で混雑回避

GameWith光の最大通信速度は上り下り共に1Gbpsで、一般的な光回線と何ら変わりません。

ただし、高速通信規格の『IPv4 over IPv6(クロスパス方式)』に対応しているため、回線混雑の影響を受けず快適に利用できます。

加えて、GameWith光専用の帯域を設けているため、より一層混雑しにくい仕組みです。

他社の光コラボレーション・サービスは、NTTの同一回線をシェアして使用しているため、夜間などのインターネット利用者が多い時間帯はどうしても通信速度が低下しやすくなります。

一方、専用回線を用いているGameWith光は、フレッツ光や他社光コラボレーション・ユーザーの影響を受けません。

3.他社ゲーミング光回線より安い

GameWith光の月額料金は、ハイスペックな環境が求められるゲーミング回線の中では比較的安価です。

下記の比較表をご覧ください。

サービス名戸建ての月額料金マンションの月額料金
GameWith光6,160円(税込)4,840円(税込)
コミュファ光
+ゲーミングカスタム
〜12ヶ月:5,750円(税込)
13ヶ月〜:6,640円(税込)
〜12ヶ月:6,190円(税込)
13ヶ月〜:7,080円(税込)
Plala
+GGGG光
〜24ヶ月:6,270円(税込)
25ヶ月~:6,600円(税込)
〜24ヶ月:4,950円(税込)
〜25ヶ月:5,280円(税込)
OCN光
+IPoEアドバンス
7,458円(税込)5,808円(税込)

他社回線は、『通常の回線料金+有料ゲーミングオプション』という形態なので、料金がかさんでいます。

一方、GameWith光は元々ゲーマー向けに設計されているため、有料オプションは不要です。

安価なゲーミング回線をお探しであれば、GameWith光は有力候補となるでしょう。

GameWith光のデメリット

続いて、GameWith光のデメリットを3つ紹介します。

1.一般回線よりは月額料金が高い

GameWith光の月額料金はゲーマー向け光回線の中では安いものの、一般向け光回線と比べると高いです。

以下の表をご確認ください。

サービス名戸建ての月額料金マンションの月額料金
GameWith光6,160円(税込)4,840円(税込)
NURO光5,200円(税込)2,090円(税込)
ドコモ光5,720円(税込)4,400円(税込)
GMO光アクセス4,928円(税込)3,883円(税込)

このように、GameWith光の月額料金は決して安くありません。

オンラインゲームに適した高スペックな回線を求める以上、仕方がないとも言えるでしょう。

尚、高速回線で有名なNURO光はGameWith光よりも安く、平均Ping値も優れています。

NURO光の平均Ping値13.16ms
※2022年8月13日の『みんなのネット回線速度』より引用

NURO光の対応エリアに該当する場合、まずはNURO光を検討してみてはいかがでしょうか。

NURO光について詳しくはこちら↓

2.解約金・原状回復費用が生じる

GameWith光は2年間の契約期間があり、期間中に解約した場合の違約金は戸建てで6,160円(税込)、マンションで4,840円(税込)です。

とはいえ、契約更新期間に合わせて解約すれば違約金が請求されることはありません。

解約する際は、契約期間を確認するようにしましょう。

また、GameWith光から他社に乗り換える場合、下表の『原状回復費用』が生じる可能性があります。

転用33,000円(税込)
事業者変更17,600円(税込)

2022年5月現在、どのような条件で生じるかは公式約款に明記されておらず、サポート窓口の回答も担当者によって異なっているため、契約時に問い合わせるのが確実です。

3.光テレビやWi-Fiルーターレンタルなどのオプションサービスがない

GameWith光は基本のインターネットサービスのみを提供しており、他社光回線ではだいたい用意されているオプションサービスがありません。

シンプルでわかりやすい反面、光回線とまとめてさまざまなサービスを利用したいと考えている人には不便と言えるでしょう。

GameWith光で提供されていないオプションサービス
  • 光テレビ・光電話などの光回線を用いたサービス
  • Wi-Fiルーターのレンタルオプション
  • サポートサービス

光テレビや固定電話、サポートサービスを利用したい場合は、別途提供先を探さなければなりません。

また、GameWith光を利用するには、高速通信規格の『クロスパス』に対応したWi-Fiルーターが必要です。

Wi-Fiルーターを購入する際は必ずクロスパスの対応状況を確認しなければならず、あまりIT機器に詳しくない人にはややハードルが高いと言えます。

GameWith光がおすすめな人・おすすめではない人

ここまで解説したGameWith光のメリット・デメリットを踏まえ、おすすめな人とおすすめではない人をまとめました。

自分がどちらに当てはまるのか、チェックしてみて下さい。

GameWith光がおすすめな人

gamewith光

以下のいずれかに当てはまる場合、GameWith光がおすすめです。

  • FPS / TPSや格闘などのオンラインゲームをする人
  • 遅延がなく安定した通信環境がほしい
  • 現在、フレッツ光や光コラボレーションを契約しているオンラインゲーマー

GameWith光は、ゲーマー向けの光回線です。

中でも、FPS / TPSや格闘といった低Ping値が求められるゲームをしている場合、平均10ms以下のGameWith光が適しています。

また、現在フレッツ光や他社光コラボレーション・サービスを契約しているのであれば、工事不要で乗り換えられる点も魅力です。

\オンラインゲームに特化した光回線/

GameWith光がおすすめではない人

GameWith光をおすすめできないのは、次のいずれかに当てはまる人です。

  • ゲーマーではない
  • 月額料金の安さを重要視している
  • NURO光の対応エリアに住んでいる

ゲーマー以外の人がGameWith光を選ぶメリットは、ほぼありません。

また、ゲーマーであっても安価な光回線を求めるのであれば、NURO光の方がおすすめです。

価格重視なら、まずは自宅がNURO光の対応エリアに入っているか調べてみましょう。

NURO光の対応エリアの調べ方↓

まとめ

GameWith光のメリットとデメリット、さらにどういった方におすすめで、逆にどういった人には不向きなのかを紹介しました。

今記事のまとめです。

メリット・デメリットを踏まえると、GameWith光は特にこんな方におすすめです。

  • FPS / TPSや格闘などのオンラインゲームをする人
  • 遅延がなく安定した通信環境がほしい
  • 現在、フレッツ光や光コラボレーションを契約しているオンラインゲーマー
\オンラインゲームに特化した光回線/

逆に、下記項目に当てはまったら避けた方が無難でしょう。

  • ゲーマーではない
  • 月額料金の安さを重要視している
  • NURO光の対応エリアに住んでいる

おすすめでは無い方に多く当てはまった方には、低遅延ながら料金も安いNURO光をおすすめします。

まずは、自宅がNURO光の対応エリアに入っているか調べてみてください。

タイトルとURLをコピーしました