ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーを比較!申し込むならどちらがおすすめ?

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーを比較!申し込むならどちらがおすすめ? ソフトバンクエアー

自宅にホームルーターを導入したくて、docomoの『home 5G』とSoftBankの『ソフトバンクエアー』の2つで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

どちらも4G/5G通信に対応し、工事不要で簡単にWi-Fiを導入できるのがメリットですが、実はスペックや料金などで異なる点も多々あります。

そこで今回は、ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーの違いを比較し、いったいどちらのホームルーターがおすすめなのかを結論付けました。

ずばり、おすすめなのは・・・

速度もコスパも優れている『ドコモ home 5G』です!

ソフトバンクエアーよりドコモ home 5Gをおすすめする理由
  • 通信速度が速く、下りの実測値は約4倍もの速度差がある
  • 素の月額料金が安く長く使うほどお得
  • プラチナバンドを使用しているため回線が安定しやすい
  • 端末代金が安く、解約時に残債が生じても負担が少ない

どちらのホームルーターを導入するかお悩みの方は、ぜひチェックしてみて下さい。

\18,000円分のAmazonギフト券がもらえる/

【比較表】ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーの違い

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーを比較表にまとめました。

ドコモ home 5Gソフトバンクエアー
機種名home 5G HR01Airターミナル5
月額料金4,950円(税込)〜24ヶ月目:4,180円(税込)
25ヶ月目〜:5,368円(税込)
端末代金39,600円(税込)
※3年間利用で実質無料
71,280円(税込)
※3年間利用で実質無料
事務手数料3,300円(税込)3,300円(税込)
通信速度下り最大:4.2Gbps
上り最大:218Mbps
下り最大:2.1Gbps
上り最大:非公表
通信回線4G / 5G4G / 5G
Wi-Fi6対応
対応エリア全国全国
スマホとの
セット割引
docomo:最大1,100円(税込)割引/月SoftBank:最大1,100円(税込)割引/月
Y!mobile:最大1,188円(税込)円割引/月
同時接続可能台数65台128台
契約期間 / 解約金無し2年 / 10,450円(税込)

表を見ると、ドコモ home 5Gのほうが端末代金が安く、最大通信速度が速いことがわかります。

一方で、月額料金は最初の2年間はソフトバンクエアーの方が安く、3年目以降はドコモ home 5Gの方が安くなっています。

それでは、両者の違いをもっと具体的に確認していきましょう。

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーの違いを詳しく比較!

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーの大きな違いは3つあります。

  1. 通信速度:ドコモ home 5Gが圧倒的に速い
  2. 月額料金:利用開始2年間はソフトバンクエアーが安く、3年目以降はドコモ home 5Gが安い
  3. 回線安定度:ドコモ home 5Gの方が通信が安定している

1.通信速度:ドコモ home 5Gが圧倒的に速い

通信速度は、最大通信速度も実測値もドコモ home 5Gのほうが圧倒的に速いという結果が出ています。

表にまとめました。

ドコモ home 5Gソフトバンクエアー
5G通信時下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
下り:2.1Gbps
上り:非公表
4G通信時下り:1.7Gbps
上り:131.3Mbps
下り:838Mbps
上り:非公表
実測値(平均速度)下り:197.31Mbps
上り:21.49Mbps
下り: 55.7Mbps
上り: 6.9Mbps
※実測値は『みんなのネット回線速度』サイトで、2022年3月27日から直近3カ月間に計測された速度の平均値です。

両社が公表している下り最大通信速度では、4G・5G通信ともに、ドコモhome 5Gの方がソフトバンクエアーより約2倍速いです。

ただし、この最大通信速度と言うのは、『理想的な環境を用意した場合これだけの速度が出るはず』という理論値で、実際に出る速度とは異なります。

では、ユーザーが実際に利用した際の速度『実測値』の平均はどうなっているのかと言うと、なんとさらに差が開いて、ドコモ home 5Gの方がが約4倍も速いという結果でした!

特に下り速度の実測値は一般的な光回線にも匹敵します。

これだけ速ければ、十分快適にインターネットが利用できるでしょう。

通信速度の上り・下りの違い
  • 下り(ダウンロード):ウェブサイトの閲覧、メールの受信、動画の視聴、ファイルのダウンロードなどを行う際の速度
  • 上り(アップロード):画像や動画の投稿、メール送信、SNS投稿、フォーム送信、クラウドサービスへのバックアップなどを行う際の速度

2.月額料金:利用開始2年間はソフトバンクエアーが安く、3年目以降はドコモ home 5Gが安い

月額料金に関しては、利用開始から2年間はソフトバンクエアーの方が安く、3年目以降はドコモ home 5Gの方が安くなります。

ソフトバンクエアーは、『SoftBank Airスタート割プラス』というキャンペーンにより、24カ月目までは毎月1,188円(税込)の割引が受けられるためです。

ドコモ home 5Gソフトバンクエアー
〜24ヶ月目4,950円(税込)4,180円(税込)
25ヶ月目〜4,950円(税込)5,368円(税込)

対するドコモ home 5Gには月額料金割引がありません。

ですので、普通に考えると2~3年程度で解約する予定ならソフトバンクエアー、長期的に利用する予定ならドコモ home 5Gの方がお得!という事になります。

ただし、ソフトバンクエアーは端末代金を36カ月かけて割り引いて実質無料にする仕組みのため、2年で解約した場合は残った1/3程度を自己負担しなければなりません。

また、3年目で辞めた場合は2年単位と言う契約期間に引っ掛かってしまうため、10,450円(税込)の解約違約金が発生します。

そう考えると、結局長く使わなければならないことになり、ドコモ home 5Gの方がお得という事になります。

ソフトバンクさんって魅力的なキャンペーンが多いけど、分かりにくいのよねぇ

3.回線安定度:ドコモ home 5Gの方が通信が安定している

ドコモのホームルーター

対応している通信方式の違いにより、ソフトバンクエアーよりドコモ home 5Gの方が通信が安定しやすくなっています。

というのも、ドコモ home 5Gは4G通信時に『プラチナバンド』を利用するからです。

プラチナバンドとは、簡単に言うと『山や建物内まで電波が届きやすい周波数帯』で、電波が安定しやすいという特性があります。

一方のソフトバンクエアーはプラチナバンドが使えません。

そのため、ドコモ home 5Gのほうが室内や山間部でも安定してインターネットを使えるようになっているんです。

docomoもSoftBankも5Gの対応エリアはまだ限定的なので、ほとんどの方にとっては4G通信時の安定性が重要になります。

快適にインターネットを利用したいと考えたら、ドコモ home 5Gの方がおすすめです。

ドコモhome 5Gとソフトバンクエアーの共通点

続いて、ドコモhome 5Gとソフトバンクエアーの共通点を4つ見ていきましょう。

  1. スマホとのセット割が提供できる
  2. ​​工事不要で簡単設置
  3. 端末料金は実質無料になる
  4. ​​月間データ容量無制限!

1.スマホとのセット割が提供できる

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーは、どちらもスマホセット割に対応しています。

セット割が組めるスマホ
ドコモ home 5Gdocomo
ソフトバンクエアーSoftBank
Y!mobile

home 5G セット割

ドコモ home 5Gセット割

ドコモスマホとのセット割引が組める点もhome 5Gのメリットの1つです。

ドコモのスマホとhome 5Gをセットで契約している場合、スマホ側の月額料金が割引になる『home 5G セット割』が適用できます。

割引対象になるのは、離れて暮らす家族のスマホも併せて最大20台まで。

家族のスマホ事情によってはかなり大きな割引が期待できるでしょう!

尚、割引額はスマホの契約プランごとに異なります。

スマホの契約プラン割引額
5Gギガホプレミア / ギガホプレミア永年
–1,100円(税込)
5Gギガホ / ギガホ永年
–1,100円(税込)
5Gギガライト / ギガライト
ステップ3以上(3GB以上)
永年
–1,100円(税込)
5Gギガライト / ギガライト
ステップ2(1GB以上)
永年
–550円(税込)
5Gギガライト / ギガライト
ステップ1(1GB未満)
無し
ahamo無し

※ahamoはセット割対象外です。

おうち割 光セット

おうち割 光セット

ソフトバンク光とソフトバンクスマホ、またはワイモバイルスマホをセットにすることで、スマホの月額料金割引が受けられるサービスです。

ソフトバンクスマホの割引額はスマホ1台当たり550円(税込)~1,100円(税込)

ワイモバイルスマホの割引額はスマホ1台当たり550円(税込)~1,188円(税込)

どちらも契約者本人やご家族の端末も含めて、合計10台まで対象にすることが出来ます。

スマホの契約台数によってはかなり大きな割引が期待できるサービスです!

ただし、おうち割 光セットを適用するためには、以下の3つのオプションに加入しなければなりません。

オプション月額料金概要
光BBユニット513円(税込)・IPv6高速ハイブリットが使えるようになる
・光電話機能を併せ持った専用ルーター
Wi-Fiマルチパック1,089円(税込)・光BBユニットからWi-Fiを飛ばせるようになる
・ホワイト光電話
・光電話(N)
・BBフォン

※上記3つのいずれか
513円(税込)
550円(税込)
0円
・光回線を利用した固定電話

これらは単体で加入すると最安でも1,602円(税込)の月額料金がかかりますが、おうち割 光セットが適用されるとパック料金の550円(税込)で利用できるようになります。

結果、携帯電話の割引の方が大きくなるか、少なくともとんとんで3つのオプションが利用できるようになるので、加入した方がお得なんです!

ちなみに、ソフトバンクスマホとのセットは『おうち割 光セット』で、ワイモバイルスマホとのセットは『おうち割 光セットA』と言います。

2.​​工事不要で簡単設置

コンセントに挿すだけで、すぐ使える(ドコモ home 5G)

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーは、どちらも工事不要で自宅に簡単にインターネット環境を導入することができます。

基本的には、契約して端末を入手したらコンセントに挿すだけでOK。

尚、ドコモ home 5Gの方は利用開始時に下記の初期設定が必要ですが、いずれもそんなに難しくはありません。

ドコモ home 5Gの初期設定
  • 付属のSIMカードを本体に挿入
  • PCやスマートフォンのWi-Fi設定画面でパスワードを入力
  • home 5G専用のdアカウントにメールアドレスを登録

3.端末料金は実質無料になる

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーは、3年間利用することで端末料金が実質無料になります。

ドコモ home 5Gソフトバンクエアー
端末代金39,600円(税込)71,280円(税込)
割引額39,600円(税込)

≪内訳≫
1,100円(税込)割引×36回
71,280円(税込)

≪内訳≫
1,980円(税込)割引×36回
つまり・・・実質無料!実質無料!

注意してほしいのが、一括で無料になるわけでは無いため、35カ月以内に解約してしまうと端末代金の残りが自己負担となってしまう点です。

特に、ソフトバンクエアーの端末代金は高く途中解約した場合の自己負担額も大きくなるので、出来るだけ3年以上は利用するようにしましょう。

4.月間データ容量無制限!

無制限のイメージ

ドコモhome 5Gとソフトバンクエアーは、ともに月間データ容量に制限がありません。

光回線ならば無制限・インターネット使い放題で当たり前と感じますが、モバイル回線を利用しているモバイルWi-Fiなどはまだまだ制限有りが一般的です。

モバイル回線ながら、光回線と同様にデータ容量を気にせず自由にインターネットを使えるのはホームルーターの大きなメリットと言えるでしょう!

ただし、ドコモ home 5Gは直近3日間の通信量があまりにも多いと、一時的な速度制限を掛ける場合があるとされています。

また、ソフトバンクエアーも一時制限を設けていて、明記されている基準は『利用の集中する時間帯』と『高負荷になった特定エリア』の2点です。

どちらも具体的な数値は示されていませんが、一時制限を受ける可能性がある点は覚えておいた方が良いでしょう。

【結論】ホームルーターはドコモhome 5Gがおすすめ!

docomoとSoftBankの5G対応ホームルーターを比較した結果、私がおすすめしたいのは・・・

ずばり、『ドコモ home 5G』です!

ソフトバンクエアーよりドコモ home 5Gをおすすめする理由
  • 通信速度が速く、下りの実測値は約4倍もの速度差がある
  • 素の月額料金が安く長く使うほどお得
  • プラチナバンドを使用しているため回線が安定しやすい
  • 端末代金が安く、解約時に残債が生じても負担が少ない

ドコモ home 5Gは、docomoのプラチナバンドを利用しているため山間部や室内でも繋がりやすく、通信が安定しやすい特性があります。

また、速度においても最大通信速度・実測値ともにソフトバンクエアーを圧倒していました。

さらに、コストパフォーマンスもドコモ home 5Gのほうが高いです。

自宅にホームルーターを導入するなら、通信品質とコストの両面で優れている『ドコモ home 5G』を選ぶのが良いでしょう!

ドコモ home 5Gについて、更に詳しくはこちら↓

ソフトバンクエアーを検討しても良いケース

下記に当てはまる方は、ソフトバンクエアーも検討候補に入れてみてください。

ソフトバンクエアーを検討しても良いケース
  • インターネット速度が遅くても困らない
  • 自分や家族がSoftBankかY!mobileのスマホを利用している

メールの送受信やSNS、ネットサーフィン、オンラインショッピング程度なら、通信速度が遅くてもそこまで影響はありません。

また『おうち割 光セット』の割引額は大きく、特に家族内で複数台対象スマホを契約しているようならその効果は絶大です。

検討する価値があるでしょう。

ドコモ home 5Gのおすすめキャンペーン窓口

ドコモ home 5G(GMOとくとくBB)
特典内容18,000円分のAmazonギフト券
申し込み方法特設HPから申し込み書を請求
郵送されてきた申し込み書に必要事項を記入して返送
特典受取時期最短4カ月後
特典受取方法ギフト券コードをAmazonアカウントに登録
オプション加入条件無し

『GMOとくとくBB』からドコモ home 5Gを申し込むと、18,000円分のAmazonギフト券が貰えます。

普段からAmazonのサービスをよく利用している方にとっては、非常に魅力的なキャンペーンと言えるでしょう。

申し込みから利用開始までは4ステップでOKです。

ドコモ home 5Gの申し込み手順
  1. 特設HPの入力フォームから『申込書セット』を請求
  2. 約1週間で申込書セットが届く。必要事項を記載し、同封の返信用封筒で返送
  3. 『ご契約完了のお知らせ』が届く
  4. ドコモ home 5Gが届いたら利用開始

端末が到着してから4カ月後、登録したメールアドレス宛に特典の案内が届きます。

Amazonギフト券のコード(番号)が記載されているので、『Amazonギフト券登録ページ』から自分のアカウントに登録してください。

尚、ギフト券は通常の買い物以外にも、プライムビデオの有料レンタル・購入や、プライム会員費の支払いにも使えます。

Amazonをよく使う人は、まずはGMOとくとくBBからの申し込みを検討してみてください。

\18,000円分のAmazonギフト券がもらえる/

ソフトバンクエアーのおすすめキャンペーン窓口

特典内容35,000円キャッシュバック
※普通為替
申し込み方法特設HPから申し込み
特典受取時期申込月を含む5カ月目以降
特典受取方法申請不要
オプション加入条件無し

ソフトバンクの子会社である『Yahoo!BB』からソフトバンクエアーを申し込むと、35,000円のキャッシュバックが貰えます!

Yahooと言えば、知らない人がいないくらい知名度の高い会社ですので、よく分からない代理店窓口から申し込むより安心でしょう。

また、オプションなどに加入する必要は無く特典手続きもいらないので、申し込むだけで確実にキャッシュバックを受け取れるのがメリットです。

ただし、普通為替でのキャッシュバックとなるため、郵便局に行って換金しなければならないのが少し面倒かもしれません。

\特典手続き不要でキャッシュバックが貰える/

まとめ

ドコモ home 5Gとソフトバンクエアーの違いを比較し、いったいどちらのホームルーターがおすすめなのか紹介しました。

今記事のまとめです。

おすすめは、ずばり『ドコモ home 5G』です!

ソフトバンクエアーよりドコモ home 5Gをおすすめする理由
  • 通信速度が速く、下りの実測値は約4倍もの速度差がある
  • 素の月額料金が安く長く使うほどお得
  • プラチナバンドを使用しているため回線が安定しやすい
  • 端末代金が安く、解約時に残債が生じても負担が少ない

コスパと速度の両面で優れているので、自宅にホームルーターを導入したいと考えている方はドコモ home 5Gから検討していきましょう。

\18,000円分のAmazonギフト券がもらえる/
タイトルとURLをコピーしました