ドコモの置くだけWi-Fi『home5G』のメリット・デメリットを徹底調査!光回線を引けない人なら導入する価値あり

ドコモの置くだけWi-Fi『home5G』のメリット・デメリットを徹底調査!光回線を引けない人なら導入する価値あり ドコモ home 5G

『ドコモ home 5G(ホームファイブジー)』は、コンセントに挿すだけでWi-Fiが利用できるようになるNTTドコモのホームルーターです。

従来のホームルーターといえば、工事不要で手軽に導入できる反面、低速で不安定な通信や、その割に端末代金や月額料金が高い等のデメリットが悪目立ちしていました。

しかし、ドコモ home 5Gは光回線に迫る通信速度やデータ通信量無制限といった高性能が売りで、さらに安価な料金設定により発売当初から非常に注目を集めています。

この記事は、ドコモ home 5Gのメリット・デメリットを徹底調査し、特にどのような方に向いているのか、もしくは向いていないのかをまとめました。

ドコモ home 5Gのメリット
  1. 信頼度の高いNTTドコモのモバイル回線を使用
  2. ​​工事不要で簡単に導入できる
  3. 端末代金が実質無料!
  4. ホームルーターNo.1の通信速度
  5. ドコモスマホとセットで最大1,100円(税込)割引
  6. 割引なしでも安い月額料金
  7. 同時接続台数が『65台』と多い
ドコモ home 5Gのデメリット
  1. 光回線を引ける人には基本的に不要
  2. オンラインゲームや動画配信などは苦手
  3. 自宅でしか使えない
  4. 光回線のマンションプランの方が安い
  5. 直近3日間のデータ使用量が多すぎると速度制限される

ドコモ home 5Gに興味を持っている方は、ぜひチェックしてみて下さい。

\18,000円分のAmazonギフト券が貰える/

ドコモ home 5Gとは?

ドコモのホームルーター

『ドコモ home 5G』は、工事不要で自宅にWi-Fiを導入できる据え置き型のホームルーターです。

モバイルWi-Fiとは異なり、光回線の代わりに自宅で使用することを想定しています。

利用方法は簡単でコンセントに挿すだけでOK!

ドコモの4Gエリアにお住いなら4G/LTE、5Gエリアにお住いなら5Gの高速通信に自動的に接続されます。

従来発売されていたホームルーターと比べて高性能で月額料金が安いのが特徴です。

ドコモ home 5Gのスペック表

ドコモ home 5Gの各種料金や通信速度などのスペックを一覧表にまとめました。

基本月額料金4,950円(税込)
スマホ割引ドコモスマホとセットで月額最大1,100円(税込)割引
端末代金実質無料!
※端末代金の39,600円(税込)と同額の割引あり
本体サイズ/重量サイズ:高さ170×幅95×奥行95(mm)
重量:720g
5G接続髄の
最大通信速度
下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
4G接続髄の
最大通信速度
下り:1.7Gbps
上り:131.3Mbps
Wi-Fi接続時の
最大通信速度
1.2Gbps
有線接続時の
最大通信速度
1Gbps
同時接続台数65台(Wi-Fi64台、有線1台)
月間データ量制限無し
※直近3日間で一定量を超えると制限有り(データ量非公表)
提供エリア全国(5Gは対応エリアのみ)
事務手数料3,300円(税込)
最低契約期間無し(解約違約金0円)

ドコモ home 5Gのメリット

ドコモ home 5Gのメリットは、次の7つが挙げられます。

  1. 信頼度の高いNTTドコモのモバイル回線を使用
  2. ​​工事不要で簡単に導入できる
  3. 端末代金が実質無料!
  4. ホームルーターNo.1の通信速度
  5. ドコモスマホとセットで最大1,100円(税込)割引
  6. 割引なしでも安い月額料金
  7. 同時接続台数が『65台』と多い

具体的な理由を見ていきましょう。

1.信頼度の高いNTTドコモのモバイル回線を使用

1つ目のメリットは、信頼度の高いNTTドコモのモバイル回線を使用している点です。

格安SIMサービスを含め、様々な会社が通信事業に参入してきていますが、通信品質や繋がりやすさで言えば、やはりキャリアのドコモが優れていると言えるでしょう。

ドコモの4G/LTE回線の人口カバー率は99%で、ほぼ日本全国に対応しています。

5G通信に接続できなくても4G/LTE通信に自動で切り替わるので、日本全国どこに住んでいてもインターネットが利用できるのは大きなメリットです。

また、5Gの基地局は現在どんどん増えているので、今後都市圏を中心に5G対応エリアも順次拡大していくでしょう。

2.工事不要で簡単に導入できる

コンセントに挿すだけで、すぐ使える(ドコモ home 5G)

ドコモ home 5Gはコンセントに挿すだけでWi-Fiが飛ぶようになるため、開通工事が必要ありません。

光回線は工事が必要不可欠なので、手軽に導入できるという点ではhome 5Gの圧勝と言えるでしょう。

様々な諸事情で光回線の工事ができなかったり、もしくは工事が面倒だったり、短期間だけインターネットを使いたいという方には、ドコモ home 5Gがぴったり!

また、My docomoから住所変更をするだけで簡単に移転手続きできるため、引越しが多い方にもおすすめです。

3.端末代金が実質無料!

ドコモ home 5Gの専用端末『home 5G HR01』は、ハイスペックなだけあって39,600円(税込)となかなか高額です。

ただし、購入すると月々サポートキャンペーンが適用され、36カ月間に渡って月額料金が1,100円(税込)割引されます。

合計で39,600円(税込)の割引となるため、端末代金が実質無料になるんです。

4.ホームルーターNo.1の通信速度

home5Gは、今まで販売されてきたホームルーターの中で最速の通信速度を実現しています。

他機種との速度の違いを表にまとめました。

ホームルーター
機種名
下り最大速度上り最大速度使用回線
ドコモ home5G
HR01
4.2Gbps218Mbpsドコモ:5G/4G LTE
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
2.1Gbps94Mbpsソフトバンク:5G/4G AXGP
au・UQホームルーター
Speed Wi-Fi HOME 5G L12 NAR02
2.7Gbps183Mbpsau:5G/4G WiMAX2+

他社のホームルーターと比較して、ドコモ home 5Gは圧倒的に速いスペックだという事がお分かりいただけるかと思います。

Webサイトや動画の閲覧、ファイルのダウンロードなど、一般的なインターネット利用には下り速度が重要です。

大手キャリア3社のホームルーターの中で、最も快適にインターネットを使えるのはドコモ home 5Gと言えるでしょう。

5.ドコモスマホとセットで最大1,100円(税込)割引

ドコモ home 5Gセット割

ドコモスマホとのセット割引が組める点もhome 5Gのメリットの1つです。

ドコモのスマホとhome 5Gをセットで契約している場合、スマホ側の月額料金が割引になる『home 5G セット割』が適用できます。

割引対象になるのは、離れて暮らす家族のスマホも併せて最大20台まで。

家族のスマホ事情によってはかなり大きな割引が期待できるでしょう!

尚、割引額はスマホの契約プランごとに異なります。

スマホの契約プラン割引額
5Gギガホプレミア / ギガホプレミア永年
–1,100円(税込)
5Gギガホ / ギガホ永年
–1,100円(税込)
5Gギガライト / ギガライト
ステップ3以上(3GB以上)
永年
–1,100円(税込)
5Gギガライト / ギガライト
ステップ2(1GB以上)
永年
–550円(税込)
5Gギガライト / ギガライト
ステップ1(1GB未満)
無し
ahamo無し

※ahamoはセット割対象外です。

6.割引なしでも安い月額料金

home5Gの月額料金は、割引がなくても安く設定されています。

他社ホームルーターと主要光回線との比較表をご参照ください。

ホームルーター/光回線月額料金
ドコモ home 5G4,950円(税込)
auホームルーター 5G5,170円(税込)
ソフトバンクエアー5,368円(税込)
NURO光(ホーム)5,200円(税込)
ドコモ光(ホーム)5,720円(税込)
auひかり(ホーム)5,390円(税込)
ソフトバンク光(ホーム)5,720円(税込)

高性能なドコモ home 5Gを低価格で利用できる点は、大きな魅力と言えるでしょう。

7.同時接続台数が『65台』と多い

ドコモ home 5G 背面

ドコモ home 5Gの無線の接続台数は64台、有線LAN接続1台と合わせて最大『65台』の端末を同時に接続できます。

これだけあれば、家族がそれぞれスマホやタブレット、パソコンやゲーム機などの複数の端末を接続しても十分間に合うでしょう。

モバイルWi-Fiやスマホのテザリングではこうはいきません。

ドコモhome5Gのデメリットや注意点4つ

多くのメリットがあるhome5Gですが、反対にデメリットも存在します。

  1. 光回線を引ける人には基本的に不要
  2. オンラインゲームや動画配信などは苦手
  3. 自宅でしか使えない
  4. 光回線のマンションプランの方が安い
  5. 直近3日間のデータ使用量が多すぎると速度制限される

どのような点に注意したほうが良いのか、具体的に見ていきましょう。

1.光回線を引ける人には基本的に不要

まず1番重要なのが、光回線を引ける人には基本的に不要な点です。

通信速度や安定性で言えば、モバイル電波を無線で拾う仕組みのホームルーターより、自宅まで直接有線で光ファイバーを引き込む光回線のほうが優れています。

また、工事費が掛かるのを気にしている方もいると思いますが、光回線の中には『工事費無料キャンペーン』を展開しているところも多いです。

ドコモ光の工事費無料キャンペーン
新規工事費無料キャンペーン

ドコモ home 5Gを含むホームルーター全般は、光回線を引けない事情がある人に向いています。

たとえば、単身赴任中のサラリーマンや一人暮らしの大学生など、期間限定でインターネットを導入したい人や、回線工事ができない賃貸にお住いの方などです。

2.オンラインゲームや動画配信などは苦手

ドコモ home 5Gは、下り速度は最大4.2Gbpsと圧倒的に速くダウンロード作業が得意な反面、上り速度は最大でも218Mbpsしかありません。

この数値は理論値なので実測値はさらに下がるでしょう。

そのため、動画配信や投稿、大容量のバックアップなどのアップロードは苦手としています。

通信速度の上り・下りの違い
  • 下り(ダウンロード):ウェブサイトの閲覧、メールの受信、動画の視聴、ファイルのダウンロードなどを行う際の速度
  • 上り(アップロード):画像や動画の投稿、メール送信、SNS投稿、フォーム送信、クラウドサービスへのバックアップなどを行う際の速度

また、応答速度を示すping値も光回線より高めです。

回線平均Ping値
ドコモ home 5G54.77ms
NURO光12.13ms
auひかり16.24ms
ソフトバンク光17.05ms
ドコモ光21.33ms
※速度測定サイト『みんなのネット回線速度』で、直近3ヶ月に計測された測定結果から平均値を計算したもの

つまり、タイムラグが発生しやすく遅延を招きやすいという事になります。

特に影響するのがオンランゲームです。

ボタンを押してからキャラクターが反応するまでの応答速度が遅くなるため、FPSや格闘ゲームなど、速度が勝負のカギを握るゲームにおいては弱くなってしまうでしょう。

オンラインゲームや動画配信での利用を考えているなら、光回線の方が向いています。

3.自宅でしか使えない

ドコモ home 5Gは、契約時に登録した住所でしか使えません。

モバイルWi-Fiルーターではないので、持ち運んで使用することは出来ないんです。

万が一登録した住所以外で使うと、ドコモに検知されて自動的に利用を停止されてしまうのでご注意ください。

尚、引っ越しの場合はNTTドコモのマイページサービス『My docomo』で、月1回まで住所変更手続きが出来るようになっています。

月2回以上変更する際は、インフォメーションセンターかドコモショップで直接手続きしてください。

4.光回線のマンションプランの方が安い

メリットの方で『ドコモ home 5Gの月額料金は光回線より安い』と紹介しましたが、それは戸建て向けのプランと比較した場合。

多くの光回線では戸建て向けのプランより、マンションなどの集合住宅向けプランの方が安い料金設定になっているんです。

ドコモ home 5Gと主要な光回線の集合住宅向けプランの月額料金を比較しました。

ホームルーター/光回線月額料金
ドコモ home 5G4,950円(税込)
NURO光(マンション)2,090円(税込)
ドコモ光(マンション)4,400円(税込)
auひかり(マンション)4,180円(税込)
ソフトバンク光(マンション)4,180円(税込)

ご覧の通り、光回線の月額料金の方が安くなります。

お住いの集合住宅に光回線のマンションプランが導入されている場合は、素直にそちらを導入した方が良いでしょう。

ちなみに、NURO光のマンションプランが驚くほど安いですが、そもそも契約できるマンションがほとんどありません。

もしお住いのマンションに導入されていたらかなりラッキーです。

5.直近3日間のデータ使用量が多すぎると速度制限される

ドコモ home 5Gは、直近3日間のデータ使用量が多い場合、一時的に速度制限を掛けることがあると公式にアナウンスしています。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

ご注意事項 home 5Gプラン|NTTドコモ

実際にどれだけ使えば制限がかかるかは公表されていないので正確なことは不明ですが、3日間で1TB近く使っても制限が掛かっていない方もいるようです。

一般的な使い方をしている限りは、まず大丈夫なのでは無いでしょうか。

とはいえ、日常的に膨大な通信量を利用している方は注意が必要です。

ドコモ home 5Gが向いている人、向いていない人

今回調べたメリット・デメリットから、ドコモ home 5Gはどんな人に向いていて、逆にどんな人には向いていないのかを考えてみました。

ドコモ home 5Gが向いている人
  • 少人数~中人数世帯
  • ネットショッピングや動画視聴など『ダウンロード』利用がメイン
  • ドコモのスマホを使っている
  • 月間データ容量無制限のホームルーターが欲しい
  • 住宅に光回線を引けない
  • 光回線の工事が面倒
ドコモ home 5Gが向いていない人
  • 大人数家族
  • 現在光回線を使っている
  • 光回線を引ける
  • 動画配信・投稿をよくする
  • 格闘やFPSなど反応速度が重要なオンラインゲームを遊んでいる
  • 自宅住所でのスマホの電波状況が日頃から不安定

ドコモ home 5Gは、動画視聴やネットサーフィンなどダウンロード利用メインで、工事不要でインターネット回線を導入したい人に向いていると言えます。

また、光回線の工事が出来ない地域や住居にお住まいの方にとっては、まさに救世主のような存在となるでしょう。

一方で、動画をよくアップロードしたり、反応速度を求められるオンラインゲームを遊ぶ人には向いていません。

そういった方には、光回線の導入をお勧めいたします。

ドコモ home 5Gのおすすめ申し込み窓口『GMOとくとくBB』

GMOとくとくBBの特徴
特典37,000円分の
Amazonギフト券
手続き方法特になし
適用条件特になし
受取時期最短4ヵ月
受け取り方法案内メールに記載されている
ギフト券番号を
Amazonに登録する
GMOとくとくBBはこんな方におすすめ
  • Amazonアカウントを持っている
  • 確実に得点を受け取りたい
  • dポイントは利用していない

ドコモ home 5Gをネットで申し込むなら、GMOとくとくBBのキャンペーンサイトがおすすめです!

今GMOとくとくBBでドコモ home 5Gを申し込むと、18,000円分のAmazonギフト券が貰えます。

NTTドコモの公式サイトから申し込んだ場合のキャンペーン特典は、期間・用途限定のdポイント15,000ptですので、GMOとくとくBBの方がお得なんです。

もちろん、どちらから申し込んでも以下の公式キャンペーンは適用可能。

  • 月々割で端末実質無料
  • ドコモ home 5Gセット割

どこから申し込んでもドコモ home 5Gの速度や月額料金は変わりませんので、どうせならよりお得なキャンペーン窓口を活用しましょう!

\ドコモ home 5Gのお得な窓口/

おすすめの光回線

ドコモ home 5Gはデメリットの方が大きいと感じたり、『おすすめではない人』の項目に1つでも当てはまった場合は、光回線の導入を検討した方が良いかもしれません。

参考までに、現時点でおすすめの光回線を3つ紹介しますのでぜひチェックしてみて下さい。

  • 1位 速さと安さを兼ね備えたバランスの良い光回線『NURO光』
  • 2位 格安光回線の筆頭?!『GMO光アクセス』
  • 3位 品質の信頼度はNo.1!『ドコモ光』

1位 速さと安さを兼ね備えたバランスの良い光回線『NURO光』

NURO光の特徴
開通工事費実質無料
ホームの
月額料金
安い
5,200円(税込)
通信速度速い
下り最大2Gbps
Wi-Fi標準装備
スマホとのセット割あり
対象:ソフトバンク
こんな方におすすめ
  • 通信が安定していて、速いインターネット回線が良い
  • 反応速度を求められるオンラインゲームをよく遊ぶ
  • 月額料金は安い方が良い

NURO光は速さ・料金ともに評判の良い光回線サービスです。

その上、他社回線では別途オプション料金が掛かることが多いWi-Fiも標準装備ですし、開通工事費も割引キャンペーンにより実質無料。

さらに、ソフトバンクスマホとのセット割も適用できます。

はっきり言って、対応エリアにお住いでしたらNURO光の一択と言っても良いでしょう!

ただし、人気サービスゆえに申し込みが混み合いやすく、また宅内と屋外の2回に分けて回線工事を行う関係で、開通までに時間が掛かってしまうというデメリットがあります。

1~3カ月程度かかる可能性があるので、スケジュールに余裕を持って申し込んでください。

尚、NURO光の申し込みは高額キャッシュバックが貰える公式キャンペーン経由がおすすめです。

\45,000円のキャッシュバックが貰える/

>NURO光について、詳しくはこちら

2位 格安光回線の筆頭?!『GMO光アクセス』

GMOとくとくBB光の特徴
開通工事費実質無料
※特設ページから申込
月額料金安い
4,818円(税込)
通信速度普通
下り最大1Gbps
Wi-Fi無料レンタル
スマホとのセット割なし
こんな方におすすめ
  • 月々の利用料金を安く抑えたい
  • 快適な速度でインターネットを使いたい
  • MVNOなどの格安スマホを使用中

GMOとくとくBB光は、ドコモ光やauひかりの人気プロバイダでもある『GMOとくとくBB』が、自社のインターネットサービスとして展開している光回線です。

NTTの光回線網を借り受け、自社のプロバイダサービスとセットにして提供する光コラボレーションの一つで、シンプルな料金設定で快適なインターネットが利用できます。

『シンプルに安い』のキャッチコピー通り月額料金の安さが大きな特徴で、しかもv6プラスを標準装備しているため速度においても申し分ない、とても優れたインターネットサービスと言えるでしょう。

尚、当サイトの下記ボタンから行けるGMOとくとくBB光の公式特設サイトから申し込むと、限定特典としてさらに安い月額料金で利用できるようになります。

普通に申し込むよりもずっとお得ですので、この機会にぜひご活用ください。

\月額料金を安く抑えたいならこの回線/

>GMO光アクセスについて、詳しくはこちら

3位 品質の信頼度はNo.1!『ドコモ光』

ドコモ光の特徴
開通工事費一括無料
ホームの
月額料金
普通
5,720円(税込)
通信速度普通
下り最大1Gbps
Wi-Fiプロバイダにより
無料レンタルあり
スマホとのセット割あり
対象:ドコモ
こんな方におすすめ
  • 自分か家族がドコモのスマホを利用している
  • NURO光やauひかりのエリア外地域に住んでいる
  • 開通工事費は実質無料より一括無料にしてほしい

ドコモ光は、携帯事業者のNTTドコモがNTTのフレッツ光回線を借り、提携プロバイダサービスとセットにして提供している光回線です。

NTTのフレッツ光回線はほぼ全国に張り巡らされているため、ドコモ光の提供エリアもまた全国。

ですので、提供エリア外が多いNURO光やauひかりが行き届かない地域でも、ドコモ光なら契約できるケースは多いです。

ドコモ光の特徴の一つに、キャンペーンにより開通工事費が無料になることが挙げられます。

他社の場合、『工事費は発生するけど、同額を月額料金から分割して割り引くため最終的に0円になる』実質無料がほとんど。

一方、ドコモ光は最初から0円になる一括無料のため、仮に早期解約することになっても工事費の残債が発生しないんです!

また、ドコモスマホの月額料金が最大1,100円(税込)割引になるセット割が組める点は他社回線と似ていますが、他社では大体適用条件に含まれている光電話の加入は不要です。

更に、なんと家族のスマホも併せて最大20回線まで適用範囲に含めることが出来ます。

家族にドコモスマホの利用者が多い場合は、自宅のインターネット回線にドコモ光を選ぶメリットは大きいでしょう。

※ahamoはセット割の対象外です。

ドコモ光の提携プロバイダは全部で23社あり、利用者が好きなところを選べるシステムになっています。

特に決めているところが無いようでしたら、月額料金が安くWi-Fiルーターが無料レンタルできて、v6プラスという高速通信規格を標準装備しているプロバイダ『GMOとくとくBB』がおすすめです。

\キャッシュバック+dポイントが貰える/

>ドコモ光について、詳しくはこちら

まとめ

NTTドコモのホームルーター『ドコモ home 5G』のメリット・デメリットを徹底調査し、特にどのような方に向いているのか、もしくは向いていないのかをまとめました。

導入するか迷っていた人は、自分がどちらに当てはまっているかチェックしてみて下さい。

ドコモ home 5Gが向いている人
  • 少人数~中人数世帯
  • ネットショッピングや動画視聴など『ダウンロード』利用がメイン
  • ドコモのスマホを使っている
  • 月間データ容量無制限のホームルーターが欲しい
  • 住宅に光回線を引けない
  • 光回線の工事が面倒
ドコモ home 5Gが向いていない人
  • 大人数家族
  • 現在光回線を使っている
  • 光回線を引ける
  • 動画配信・投稿をよくする
  • 格闘やFPSなど反応速度が重要なオンラインゲームを遊んでいる
  • 自宅住所でのスマホの電波状況が日頃から不安定

もし『向いていない人』の項目に1つでも当てはまったら、光回線を選んだ方が無難です。

タイトルとURLをコピーしました