excite MEC光のメリット・デメリットを調査【工事費0円&解約金無しの格安光回線】

excite MEC光のメリット・デメリットを調査【工事費0円&解約金無しの格安光回線】 エキサイトMEC光

料金が安くて解約金もかからないっていう『excite MEC光(エキサイトメックひかり)』が気になっています。

メリットが多そうだけど、なにかとんでもない落とし穴とかあったりしないかな?

excite MEC光は、他社と比べて格安な月額料金なのに契約期間の縛りが無く、さらに工事費もかからないという事で今注目を集めている光回線です。

たしかにこれだけ安さを強調されると、何か裏がありそうな気がして心配になってしまいます。

ということで今回は、excite MEC光にはどんなメリットとデメリットがあるのかを調べました。

結論は下記の通り!

excite MEC光のメリット
  1. 他社光回線よりも安い月額料金
  2. 快適に使える回線速度
  3. 解約金&工事費無料で契約期間の縛りなし
excite MEC光のデメリット
  1. 回線速度は快適だが平均的な速さ
  2. スマホとのセット割引がない
  3. IPv6 IPoE対応のレンタルルーターが有料

デメリットはあるものの、私にとってはそんなに問題になる内容ではありませんでした。

とくに、コストパフォーマンス重視の方にとっては、非常に優秀な光回線と言えるでしょう!

excite MEC光はこんな方におすすめ!
  • 契約期間や工事費残債に縛られたくない人
  • 安い月額料金で光回線を契約したい人
  • 一般的な回線速度があれば問題ない人
  • 格安スマホや大手キャリアの格安プランユーザー

詳しく紹介しますので、excite MEC光が気になっている方はぜひチェックしてみて下さい。

\契約期間の縛り&工事費負担なし/

excite MEC光(エキサイトMEC光)とは

エキサイトMEC光 キャンペーン

excite MEC光は、検索エンジンやポータルサイトなどを展開している『エキサイト株式会社』の運営する光回線です。

他社光回線と比べて格安の月額料金設定ながら、契約期間の縛りが無く、解約違約金も0円。

しかも、現在キャンペーンにより標準工事費や開通手数料も無料です。

それでいて、混雑を避けて快適・高速に通信できる『IPv6 IPoE』と『DS-Lite(Dual-Stack Lite)』に標準対応しているので、非常にコストパフォーマンスが良いインターネットサービスと言えるでしょう。

月額料金≪ホーム≫
〜12ヶ月:4,428円(税込)
13ヶ月目〜:4,950円(税込)

≪マンション≫
〜12ヶ月:3,355円(税込)
13ヶ月目〜:3,850円(税込)
標準工事費※キャンペーン期間中0円
ホーム:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
開通手数料※キャンペーン期間中0円
3,300円(税込)
契約事務手数料※キャンペーン期間中0円
1,100円(税込)
最大通信速度1Gbps
通信方式IPv6 IPoE
※DS-Lite標準対応
契約期間無し
解約金0円
スマホセット割引無し
オプション・BB.excite光電話
・BB.excite光テレビ
・BB.excite光リモートサポート
・DS-Lite対応Wi-Fiルーターレンタル
対応エリア全国 ※NTTのフレッツ光と同じ

excite MEC光のメリット3つ

excite MEC光のメリットは3つ挙げられます。

  1. 他社光回線よりも安い月額料金
  2. 快適に使える回線速度
  3. 解約金&工事費無料で契約期間の縛りなし

詳しく見ていきましょう。

1.他社光回線よりも安い月額料金

exciteMEC光 戸建ての月額料金
exciteMEC光 マンションの月額料金

1つ目のメリットは月額料金の安さです。

元々安いのですが、現在『12カ月間の月額料金割引キャンペーン』を実施中で、通常よりもさらに安くなっています。

他社光回線の月額料金と比較してみましょう。

戸建てタイプマンションタイプ
excite MEC光〜12ヶ月:4,428円(税込)
13ヶ月目〜:4,950円(税込)
〜12ヶ月:3,355円(税込)
13ヶ月目〜:3,850円(税込)
ビッグローブ光5,478円(税込)4,378円(税込)
ドコモ光5,720円(税込)4,400円(税込)
auひかり5,610円(税込)4,180円(税込)
ソフトバンク光5,720円(税込)4,180円(税込)

表の通り、キャンペーン割引が無い13カ月目以降の料金で見てもexcite MEC光は他社回線より低価格です。

ちなみに、戸建てで税込み5,000円を下回る光回線はほとんど無いので、破格のサービスと言えるでしょう。

2.快適に使える回線速度

excite MEC光は、回線の混雑を避けて快適・高速にインターネットが利用できる『IPv6 IPoE』と『DS-Lite(Dual-Stack Lite)』に標準対応しています。

実際に利用している方の平均実測値をチェックしてみましょう。

下り平均速度295.07Mbps
上り平均速度212.6Mbps
平均ping値15.29ms
※『みんなのネット回線速度』で、2022年4月4日から直近3カ月以内に計測されたデータの平均値

一般的に、インターネットが快適に使える回線速度は、下り・上りともに30Mbpsと言われています。

excite MEC光の実測値なら充分な速さと言えます。

また、『pnig値』は反応速度を表す数値で、この数値が大きくなるとラグなどが発生しやすくなります。

例えばオンラインゲームを遊ぶ方は、30msを超えてくると遅延などが気になりますが、excite MEC光のping値はなら問題ありません。

ただし、FPSや格闘などのスピードが勝敗を分けるようなオンラインゲームでは、Ping値15ms以下が推奨されています。

excite MEC光はギリギリのラインですので、ゲーム強者になりたい方は、さらにPing値が低い光回線を検討した方が良いかもしれません。

DS-Liteとは

DS-Liteとは、IPv6(IPoE)のネットワーク上でIPv4(PPPoE)通信を行うための技術です。
この通信方式を利用することで、IPv4対応のサイトも快適に利用できるようになります。

エキサイトMEC光の速度について

3.解約金&工事費無料で契約期間の縛りなし

excite MEC光は解約違約金なし

excite MEC光は契約期間の縛りが無く、解約金が発生しません。

加えて、通常ホームで19,800円(税込)、マンションで16,500円(税込)かかる標準工事費もキャンペーンで無料です。

他社でも『工事費0円キャンペーン』を展開しているところは多々ありますが、そのほとんどは工事費と同額を数年かけて月額料金から割引く『実質無料』という仕組みを採用しています。

この場合、途中で解約してしまうとその時点で割引も終了となり、残りの工事費は自己負担となってしまうんです。

一方、excite MEC光は『完全無料』なので、仮に短期間で解約することになっても工事費残債は発生しません。

解約金もかからないので、いつでも自由に解約できてしまいます。

解約違約金無しで、さらに工事費残債無しの光回線なんて、excite MEC光の他には思い当たりません

excite MEC光のデメリット3つ

メリットの多いexcite MEC光ですが、下記のデメリットも存在します。

  1. 回線速度は快適だが平均的な速さ
  2. スマホとのセット割引がない
  3. IPv6 IPoE対応のレンタルルーターが有料

どのような点に注意すべきか、順番に見ていきましょう。

1.回線速度は快適だが平均的な速さ

excite MEC光の回線速度は安定していて快適にインターネットが使えますが、平均的な速度です。

他社光回線の中には、さらに速いサービスもあります。

例として、高速通信で有名なNURO光との実測値を比較してみました。

excite MEC光NURO光
下り平均値295.07Mbps499.01Mbps
上り平均値212.6Mbps438.94Mbps
平均ping値15.29ms13.53ms
※『みんなのネット回線速度』で、2022年4月4日から直近3カ月以内に計測されたデータの平均値

このようにNURO光との差は歴然です。

とはいえ、これはexcite MEC光が遅いというわけではありません。

一般的なインターネットの利用方法であれば、充分快適な速度なんです。

ですので、例えばオンラインゲーム強者になりたい方とか、普通より速い光回線を求める人以外でしたら、特に不満に感じることは無いでしょう。

NURO光が気になった方はこちら↓

2.スマホとのセット割引がない

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光などの主要な光回線は、大体スマホとのセット割引に対応しています。

例えば、ドコモ光とドコモスマホをセットで利用すると、スマホ側の月額料金から最大1,100円(税込)の割り引きが受けられます。

一方、excite MEC光はセット割引サービスに対応していません。

そのため、大手キャリアのスマホを契約している方は、セット割が組める光回線を契約したほうが通信費が安くなる可能性が高いんです。

ただ、これはexcite MEC光が複雑な割引サービスなどを取っ払って、始めから格安料金で利用できるインターネットサービスを設計した結果とも言えます。

セット割が組めない格安SIMや大手キャリアの格安プランを利用中の方は、元々の月額料金が安いexcite MEC光を選んだ方がお得です。

3.IPv6 IPoE対応のレンタルルーターが有料

Wi-Fiルーター|WG1200HP4
WG1200HP4

excite MEC光では、『I​​Pv6 IPoE』と『DS-Lite(Dual-Stack Lite)』に対応したWi-Fiルーターを、月額110円(税込)でレンタルできます。

110円(税込)は格安ですが、他社光回線の中には永年無料でレンタルしてくれるところもあるので、少し残念なところと言えるでしょう。

もちろん、有料オプションに加入するのがいやだったり、デザインや機能が気に入らない方は、市販のWi-Fiルーターを用意しても構いません。

ただしその際は、必ずI​​Pv6 IPoEとDS-Liteに対応した機種を選んでください。

尚、excite MEC光の申し込みキャンペーンでは、『開通手続き3,300円(税込)無料』の代わりに、『IPv6 IPoE対応ルータープレゼント』を選択することもできます。

ルータープレゼントを選んだ場合は、自分で購入する必要はありません。

excite MEC光がおすすめな人・おすすめではない人

メリットとデメリットを踏まえ、excite MEC光がおすすめな人・おすすめではない人をまとめました。

契約するかお悩みの方は、参考にしてみてください。

excite MEC光がおすすめな人

excite MEC光をおすすめできるのは、以下のいずれかに当てはまる人です。

  • 契約期間や工事費残債に縛られたくない人
  • 安い月額料金で光回線を契約したい人
  • 一般的な回線速度があれば問題ない人
  • 格安スマホや大手キャリアの格安プランユーザー

excite MEC光は、コストパフォーマンスに優れた光回線です。

安価な月額料金に加えて、工事費や事務手数料なども無料。

さらに、契約期間の縛りが無いので解約違約金も発生しません。

リーズナブルで自由度の高い光回線と言えるでしょう。

それでいて回線速度は、NURO光のような超高速通信とは言えませんが、一般的なインターネットの使い方であれば快適です。

excite MEC光がおすすめではない人

次のいずれかに該当する場合、excite MEC光の契約はよく検討した方が良いでしょう。

  • 非常に速い回線速度を求める人
  • 速度が勝敗を分けるFPSなどのオンラインゲームをしたい人
  • 大手キャリアのスマホユーザー
  • 現金キャッシュバックが欲しい人

excite MEC光の通信速度は平均的なので、爆速の光回線をお探しの方には向いていません。

また、大手キャリアのスマホユーザーは、スマホとのセット割引が組める光回線を契約した方が安くなります。

他にも、excite MEC光は月額料金を抑えてユーザーに還元しているため、キャッシュバックなどの豪華特典が貰える申し込みキャンペーンは展開していません。

申込時にキャッシュバックなどが欲しい方は、別の光回線を検討しましょう。

高額キャッシュバックが貰える光回線↓

まとめ

excite MEC光のメリットとデメリットを紹介しました。

今記事のまとめです。

excite MEC光のメリット
  1. 他社光回線よりも安い月額料金
  2. 快適に使える回線速度
  3. 解約金&工事費無料で契約期間の縛りなし
excite MEC光のデメリット
  1. 回線速度は快適だが平均的な速さ
  2. スマホとのセット割引がない
  3. IPv6 IPoE対応のレンタルルーターが有料

excite MEC光は、特に月額料金の安さや工事費無料、解約違約金無しといった料金面に優れた光回線です。

格安SIMを利用している方や、月々の通信費を抑えたい方にはぴったりと言えるでしょう!

コストパフォーマンス重視の方はぜひ検討してみて下さい。

\契約期間の縛り&工事費負担なし/
タイトルとURLをコピーしました