PR

高校生のスマホデビューにおすすめの料金プランはどれ?学割や格安SIMを比較

高校生のスマホデビューにおすすめの料金プランはどれ?学割や格安SIMを比較 キャリアスマホ

子どもが高校生になるからスマホを渡そうと思うんだけど、どの通信会社が良いかな?

このように、お子さんのスマホデビューで悩んでいませんか。

はじめてのスマホは、きっとお子さんにとって大切な思い出になりますから、プラン選びの失敗は避けたいところ。

出来れば、安くてもしっかりした通信品質で、データもたっぷり使えるスマホプランを選びたいものです。

そこでこの記事では、大手キャリアの学割や格安SIMなどを比較し、高校生のスマホデビューにおすすめの料金プランを紹介いたします。

イチオシは、キャリアながら格安料金で、データ量無制限で利用できる楽天モバイルです

お子様のスマホデビューを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

\格安料金でデータ無制限!/

高校生のスマホは大手キャリア・格安SIMのどっちがおすすめ?

高校生におすすめのスマホプランは……

高校生にとって、スマホは今や生活必需品です。

友達との連絡、情報収集、動画視聴など、さまざまな場面で利用します。

しかし、そんな高校生向けのスマホを選ぶ際に、『大手キャリアと格安SIMのどちらが良いの?』と悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、高校生におすすめのスマホプランについて、わかりやすく解説します。

まず、大手キャリアと格安SIM、それぞれに学割プランはあるのでしょうか?

大手キャリアは、ドコモ、au、ソフトバンクの3社が学割プランを提供しています。

期間の制限はありますが、キャリアの安定した通信を特別料金で利用できます。

一方、格安SIMは基本的に学割がありません

しかし、もともとの料金設定が非常に安価です。

では、どちらが高校生におすすめなのでしょうか?

1. 基本的には格安SIMがおすすめ

結論から言うと、高校生におすすめなのは格安SIMです。

ほとんどの格安SIMには学割プランがありませんが、そもそも月額料金が非常に安価。

そのため、学割適用後の大手キャリアプランよりも安くなります

毎月の利用料金を抑えたいご家庭は、まず格安SIMを検討してみましょう。

\学割なしでも安い!/

2. 安定性やサポート重視なら大手キャリアの学割プラン

通信の安定性やサポートを重視する場合は、大手キャリアの学割プランがおすすめです。

格安SIMのMVNOは、大手キャリアのネットワークを借りてユーザーにサービスを提供しています。

そのため、混雑する時間帯は通信速度が不安定になる場合があります。

また、サポートも必要最低限となっていることが多く、オンライン手続きが苦手な方には不向きです。

一方、大手キャリアは自社ネットワークを持ち、安定した通信環境を提供しています。

また、サポート体制が充実しているので、困ったときも安心です。

\品質重視の方におすすめ/

3. 大手キャリアの格安プランなら通信が安定しやすい

価格の安さと通信の安定性を両立させたいなら、大手キャリアの格安プランがおすすめです。

ahamo(ドコモ)、povo(au)、LINEMO(ソフトバンク)は、それぞれのキャリアのネットワークをそのまま利用しています。

そのため、一般的な格安SIMよりも安定した通信環境が期待できます。

\速くて安い!/

学割なしでも安い!おすすめ格安SIM

格安SIMの中でも、特にコスパが良いおすすめのスマホプランを2つ紹介します。

なお、楽天モバイルはキャリアですが、学割が無く料金も安いことから、この記事では格安SIMに分類しました。

楽天モバイルmineo
月額料金〜3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
マイピタ:880円〜2,178円
マイそく:250円〜2,200円
月間データ量無制限マイピタ:1〜20GB
マイそく:無制限※速度制限あり
その他・専用アプリで国内通話無料
・親子割あり
『通話+データ通信』
『データ通信のみ』
いずれかを選択

1つずつ詳しく解説します。

1. 楽天モバイル|データ無制限で使える

楽天モバイル ロゴ

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ第4のスマホキャリアです。

その大きな特徴は、月額最大3,278円でデータ無制限で使える格安料金プランです。

使い放題なので、動画をたっぷり見ても速度制限がかかる心配がありません。

また、月間のデータ使用量に応じて料金が決まる仕組みで、あまり使わなかった月は勝手に安くなります

国内通話は、スマホに標準搭載されている通話アプリを使うと22円/30秒かかりますが、楽天専用アプリを使えばかけ放題です。

データ通信も通話もたくさん使いたい方におすすめです。

楽天モバイルの特徴
  • データ無制限でインターネット使い放題
  • 専用アプリ利用で国内通話かけ放題
  • データをあまり使わなかった月は勝手に安くなる
  • 親子割あり
\格安料金でデータ無制限!/

>楽天モバイルの口コミ・評判

2. mineo|データ量ごとに選べる料金プラン

mineo ロゴ

格安SIMのmineoは、データ量で選ぶプラン『マイピタ』と、通信速度で選ぶプラン『マイそく』を提供しています。

マイピタは、1GBから20GBまでのデータ量から選ぶ、一般的な料金スタイルのプラン。

一方のマイそくは、最大通信速度が低く設定されている代わりに、データ無制限で利用できる独自色の強いプランです。

例えば、最大通信速度が1.5Mbpsのマイそくスタンダードは、月額990円でインターネットが使い放題です。

1.5Mbpsあれば、オンラインゲームや動画視聴も楽しめます。

ただし、月~金曜日の12時から1時間は速度が低速になり使い物にならなくなるため、ご注意ください。

とにかく通信費を安く抑えたい方におすすめです。

mineoの特徴
  • データ量と速度で選べる2つのプラン
  • マイピタ:データ量で選ぶプラン(1GB~20GB)
  • マイそく:通信速度で選ぶプラン(データ無制限)
\ちょうど良いプランが揃っている/

大手キャリアの学割プラン一覧

大手キャリア3社が提供している学割プランについて表にまとめました。

ドコモauソフトバンク
学割内容18歳になるまで
・1,815円/5GB
・2,695円/10G
データ量:20GB/月
1年間:1,078円
2年目以降:3,916円
データ量:20GB/月
契約翌月から6カ月間:1,078円
8カ月目〜:2,728円
14カ月目〜:3,916円
申し込み年齢15歳以下22歳以下5〜22歳

1. ドコモ|U15はじめてスマホプラン

NTTドコモ ロゴ

ドコモの『U15はじめてスマホプラン』は、15歳以下の方が申し込める学割プランです。

適用すると、18歳まで割引料金でスマホが利用できます

ただし、16~18歳になると申し込みができなくなるのでご注意ください。

データ量は5GBまたは10GBから選択可能です。

\回線品質に定評あり!/

2. au|スマホスタート応援割

au ロゴ

auの『スマホスタート応援割』は、22歳以下の方向けの学割プランです。

毎月のデータ容量は20GBまでで、動画や音楽をたっぷり楽しめます。

さらに、月額1,078円という格安料金で1年間利用できます。

2年目以降も3,916円/月と、キャリアの料金としてはそこまで高額ではありません。

\1年間格安料金で利用できる/

3. ソフトバンク|ソフトバンクデビュー割

ソフトバンク ロゴ

ソフトバンクの『ソフトバンクデビュー割』は、5歳から22歳の方まで申し込み可能な学割プランです。

利用開始から6カ月間、月額1,078円で20GBものデータ容量をたっぷり利用できます。

これだけあれば、動画や音楽もストレスなしで思いっきり楽しめます。

また、人気スマホがお得に買える端末割引も利用可能です。

なお、親もソフトバンクの対象プランを使っている場合は、PayPayポイントがプレゼントされます。

\PayPayポイントでオトク!/

速くて安い!キャリアの格安プラン

次は、スマホキャリアが提供している格安プラン、ahamo・LINEMO・povo2.0について見ていきましょう。

ahamoLINEMOpovo2.0
月額料金基本プラン:2,970円
ahamo大盛り:4,950円
ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
基本料金:0円
月間データ量基本プラン:30GB
ahamo大盛り:100GB
ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
トッピング購入で自由に設定
その他国内通話1回5分無料LINEデータ使用量なしトッピングで各種サービス追加

1. ahamo|ドコモ回線で安心!

ahamo ロゴ

ahamoは、NTTドコモが提供する格安プランです。

ドコモの安定した電波を、月額2,970円でたっぷり20GB利用できます。

また、5分以内の国内通話は無料なので、ちょっとした連絡や家族との会話にも安心です。

ahamoはドコモの同一ファミリーグループにカウントされるため、dポイントを活用しているご家庭に最適です。

なお、ahamoの月額料金をdカードで支払うと、毎月1GBのボーナスパケットが貰えます。

\ドコモの回線品質が使える格安ブランド/

2. LINEMO|データ消費なしでLINEを利用できる

LINEMO ロゴ

LINEMOは、ソフトバンクの格安プランです。

月間3GBで990円の『ミニプラン』と、月間20GBで2,728円の『スマホプラン』の2種類あり、ニーズに合わせて選択できます。

LINEMOの大きな特徴は、LINEのメッセージ、音声通話、ビデオ通話のデータ消費がカウントされないことです。

そのため、家族や友達との連絡にLINEをよく使う方におすすめです。

\LINEのトークも通話も使い放題/

>LINEMOのメリット・デメリット

3. povo2.0|利用する分だけトッピングするスタイル

povo ロゴ

povo2.0は、KDDIがするちょっと変わったスマホプランです。

基本料金は何と0円

そこに、データ容量や通話など、自分が必要なものだけを選んで、自由にトッピングしていくスタイルなんです。

トッピングは、データ容量や通話の他、DAZNやsmash.などの動画配信サービスなども用意されています。

毎月利用するデータ量にムラがある方や、自分好みにプランをカスタマイズしたい方におすすめです。

『データ使い放題』が適用されるpovo2.0の紹介コード

povo2.0を契約する際に下記の紹介コードを入力することで、2つの特典を受け取れます。

  1. データ使い放題(24時間)1回分を自動適用
  2. 初めてデータトッピングを購入した際に、データ使い放題(24時間)1回分をプレゼント

KYYZGUYU

これからpovo2.0を契約するなら、ぜひご活用ください。

\基本料金0円のスマホプラン!/

>povo2.0の便利な使い方

期間限定で学割が申し込める!キャリアのサブブランド

UQモバイルとワイモバイルは、例年冬〜春の期間限定で学割の申し込みを受け付けています。

UQモバイルワイモバイル
月額料金3,278円 シンプル2M:4,015円
シンプル2L:5,115円
割引額1,320円1,100円
割引適用後の
月額料金
1,958円シンプル2M:2,915円
シンプル2L:4,015円
割引期間契約翌月から12カ月間
※子の家族も対象
契約翌月から12カ月間
※子の家族も対象
月間データ量30GB
※13カ月目以降20GB
シンプル2M:20GB
シンプル2L:30GB
その他特典国内通話1回10分無料
申し込み年齢5〜18歳5〜18歳

1. UQモバイル|UQ親子応援割

UQmobile ロゴ

KDDIのサブブランド『UQモバイル』は、5歳〜18歳の方向けに『UQ親子応援割』という学割プランを提供しています。

このプランのすごいところは、親のUQモバイルにも割引が適用されることです。

親子それぞれ12カ月間、1,320円の月額料金割引が受けられます。

さらに、子どもには毎月10GBのデータ量がプラスされ、合計30GBまでたっぷり利用できます。

\親のスマホも割引適用!/

2. ワイモバイル|ワイモバ親子割

ワイモバイル ロゴ

ソフトバンクのサブブランド『ワイモバイル』は、5歳〜18歳の方向けに『ワイモバ親子割』という学割プランを提供しています。

子どものスマホだけでなく、親のスマホも割引対象になるため、家族で1年間お得に利用できます。

ただし、自宅のインターネット回線との割引サービスを組まない場合、月額料金は若干高めです。

\親子でオトク!/

まとめ

大手キャリアの学割や格安SIMなどを比較し、高校生のスマホデビューにおすすめの料金プランを紹介しました。

今記事のまとめです。

大手キャリアの学割プランはサポートが充実していますが、料金は高めです。

毎月の利用料金を抑えたい場合は、格安SIMから検討しましょう。

中でもおすすめは、キャリアの通信品質ながら、格安料金で利用できる『楽天モバイル』です。

データ容量も無制限なので、月半ばで速度制限がかかってしまう心配がありません

お子さんにとって最適なスマホプランを見つけて、親子で楽しいスマホライフをスタートしましょう!

\格安料金でデータ無制限!/

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました