PR

通信速度が速い光回線ランキング5選!ダントツで速い独自回線と全国対応の光コラボレーション

通信速度が速い光回線ランキング5選!ダントツで速い独自回線と全国対応の光コラボレーション auひかり

光回線を選ぶ際、通信速度の速さを第一条件にしている人は少なく無いでしょう。

しかし、各光回線の公式サイトに掲載されている『最大通信速度』は理論値で、実際に利用した際の速度とはかけ離れているため、これを比較してもほとんど意味がありません。

そこでこの記事では、実際に利用している方の平均実測値から通信速度が特に速い光回線を5つ厳選し、ランキング形式で紹介いたします。

速度の速いインターネット回線を探している方は、ぜひ参考にしてください!

ダントツで速い独自回線
全国エリア対応で通信速度が速い光コラボレーション

【総合評価】通信速度が速い光回線ランキング

ノートパソコンを操作する女性の手

平均実測値が速く、ある程度広いエリアで契約でき、サービス内容も含めておすすめできる光回線を5つ厳選し、下り速度順にランキング表にまとめました!

順位光回線下り平均速度上り平均速度平均Ping値
1位NURO光602.6Mbps611.43Mbps11.68ms
2位auひかり511.06Mbps521.91Mbps14.73ms
3位ソフトバンク光300.16Mbps321.42Mbps15.9ms
4位IIJmioひかり317.0Mbps260.5Mbps20.31ms
5位GMO光アクセス227.17Mbps281.1Mbps18.3ms
※実測値は『みんなのネット回線速度』で、2024年1月1日から直近3カ月以内に計測されたデータの平均値

ご覧の通り、上位2つがダントツ速いです!

通信速度の上り・下りの違い
  • 下り(ダウンロード):ウェブサイトの閲覧、メールの受信、動画の視聴、ファイルのダウンロードなどを行う際の速度
  • 上り(アップロード):画像や動画の投稿、メール送信、SNS投稿、フォーム送信、クラウドサービスへのバックアップなどを行う際の速度
Ping値とは

ping値は、データの送受信にかかった反応速度を数値化したものです。
例えば、格闘ゲームなどでプレイヤーがボタンを押してから、キャラクターが実際に技を繰り出すまでの時間と考えていただければわかりやすいと思います。
ping値が高いほど反応速度は遅くなりラグが発生しやすくなり、逆に低ければ反応速度は速くなります。

圧倒的に速い『NURO光』と『auひかり』は、どちらも独自回線を使用する光回線です。

一方、3~5位はNTTのフレッツ光回線を利用した『光コラボレーションサービス』となっています。

フレッツ光の回線網は様々なサービスで利用されている分ユーザーが多く混雑が起きやすいため、どちらかというと独自回線の方が速度が出やすい傾向になっています。

光コラボレーション・サービスとは

携帯事業者やプロバイダ事業者がNTTのフレッツ光回線を借り受け、自社のサービスとセットにして運用している光回線サービスのこと。
有名どころだと、ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光、楽天ひかり、ビッグローブ光などがある。

光回線の通信速度の目安は?

光回線の通信速度は、大体以下の数値を目安に考えて下さい。

  • 下り速度:180〜200Mbps
  • 上り速度:180〜200Mbps
  • Ping値:25〜30ms

※最大通信速度1Gbpsプランの場合

下り・上り速度においては上記より数値が大きければ、またPing値は上記より数値が小さくなれば普段使いで困ることは無いでしょう。

逆に、目安の数値よりも速度の実測値が低い場合、『動画の読み込みが遅い』といった問題が生じる可能性があります。

また、Ping値が高ければ、オンラインゲームのラグが起きやすくなってしまいます。

光回線を選ぶ際は、少なくとも目安の数値より平均実測値が優れているサービスを選んでください。

『NURO光』と『auひかり』の2強がダントツで速い!

光回線の中でも、通信速度がダントツで速いのが『NURO光』と『auひかり』の2つです。

それぞれの特徴と、どんな人におすすめの回線なのかを解説します。

NURO光

NURO光
平均実測値下り:602.6Mbps
上り:611.43Mbps
Ping値:11.68ms
月額基本料金5,200円
※戸建て・マンション共通価格
開通工事費44,000円(36回払い)
※割引特典で実質無料
事務手数料3,300円
契約期間 / 違約金3年 / 3,850円
※2年契約・契約期間なしプラン有り
スマホとの
セット割引
ソフトバンク
回線タイプ独自回線

NURO光は、最大通信速度2Gbpsを誇る高速光回線です。

一般的な光回線の最大通信速度は1Gbpsですから、その2倍!

もちろん平均実測値も非常に速く、多くのユーザーが快適に利用できている証拠と言えます。

また、FPSや格闘ゲームのプレイに求められるPing値も低いのが特徴で、オンラインゲーマーやZOOMミーティングを行う在宅ワーカーなど、超高速な回線を求める人に適しています。

それでいて、NURO光の月額料金は主要光回線と比較して安価です。

対応エリア内でしたら、まず最初に検討したい光回線と言えるでしょう。

\45,000円キャッシュバック/

>NURO光のメリット

auひかり

auひかり ロゴ
平均実測値下り:511.06Mbps
上り:521.91Mbps
Ping値:14.73ms
月額基本料金戸建て:5,390円
マンション:4,180円
開通工事費戸建て:41,250円
マンション:33,000円
※割引特典で実質無料
事務手数料3,300円
契約期間 / 違約金戸建て:3年 / 4,730円
※2年契約・契約期間なしプラン有り
マンション:2年 / 2,730円
※契約期間なしプラン有り
スマホとの
セット割引
・au
・UQモバイル
回線タイプ独自回線

KDDIの独自回線+NTTのダークファイバー網(予備回線)を利用してインターネットサービスを提供しているのがauひかりです。

光コラボレーションサービスと比較して平均実測値が圧倒的に速く、Ping値も低く安定しています。

また、auやUQモバイルスマホとのセット割が組めるのが大きな特徴です。

auひかりとauスマホのセット割は『auスマートバリュー』と言い、スマホ1台につき最大1,100円の月額料金割引が受けられます。

また、auひかりとUQモバイルの場合は『自宅セット割』と言い、スマホ1台につき最大1,100円の月額料金割引が受けられます。

どちらもスマホ10台まで割引が適用でき、2つのセット割は併用可能です。

auひかりの通常料金自体は少し割高ですが、セット割が組めればトータルの通信費をグッと押し下げることが出来ます。

家族にauやUQモバイルのスマホユーザーがいて高速回線を求めているなら、auひかりを検討してみましょう。

\最大63,000円キャッシュバック/

>auひかりのメリット・デメリット

『NURO光』と『auひかり』は全国対応ではない

通信速度において圧倒的に優れている『NURO光』と『auひかり』ですが、全国どこでも契約できるわけではありません。

実は、この2つは未対応のエリアが存在するんです。

NURO光の提供エリア
NURO光 対応エリアマップ
NURO光が契約できない地域

【東北】青森、秋田、岩手
【信越】新潟、長野
【中部】山梨
【北陸】石川、富山、福井
【関西】和歌山
【中国】鳥取、島根、山口

【四国】香川、徳島、愛媛、高知
【九州】大分、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
【沖縄】沖縄

auひかりの提供エリア
auひかり 対応エリアマップ
auひかりが契約できない地域

【中部】静岡、愛知、岐阜、三重
【関西】大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
【沖縄】沖縄

これは、NURO光とauひかりが、全国を網羅しているNTT回線では無く独自回線をメインに使っていることが原因と言えます。

今後、少しずつ対応エリアは拡大していくと思いますが、現状お住いがNURO光とauひかりの未対応エリアに該当している方は、他の光回線を検討しなくてはいけません。

そこでおすすめしたいのが、NTTの光回線網を利用している光コラボレーションの3つです。

全国エリア対応で通信速度が速い光コラボレーション3選

NURO光とauひかりの対応エリア外にお住まいなら、全国対応の光コラボレーション・サービスを検討しましょう。

光コラボレーションの中で平均実測値が優れているのは次の3つです。

それぞれの特徴を紹介いたします。

ソフトバンク光

ソフトバンク光
平均実測値下り:300.16Mbps
上り:321.42Mbps
Ping値:15.9ms
月額基本料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
開通工事費31,680円
※割引特典で実質無料
事務手数料3,300円
契約期間 / 違約金2年 / 月額料金相当額
スマホとの
セット割引
・ソフトバンク
・ワイモバイル
回線タイプ光コラボレーション

ソフトバンク光は、『IPv6高速ハイブリッド』を有効にすることで高速通信ができる光回線です。

IPv6高速ハイブリッドを利用するには、光BBユニットという専用ルーターのレンタルが必要でその分月額料金が余計にかかりますが、代わりに大きな割引サービスも用意されてます。

それが、ソフトバンクやワイモバイルスマホとのセット割サービス『おうち割 光セット』です。

スマホ1台あたりの最大割引額は、ソフトバンク1,100円・ワイモバイル1,650円で、それぞれ家族のスマホも併せて合計10台まで割引対象にできるため、トータルで見ればとてもお得になります。

自分や家族が割引対象スマホのユーザーであれば、ソフトバンク光がおすすめです!

\25,000円キャッシュバック/

>ソフトバンク光の料金・速度・サービスまとめ

IIJmioひかり

IIJmioひかり ロゴ
平均実測値下り:317.0Mbps
上り:260.5Mbps
Ping値:20.31ms
月額基本料金戸建て:5,456円
マンション:4,356円
開通工事費戸建て:22,000円
マンション:22,000円
事務手数料新規:880円
転用:1,980円
事業者変更:3,300円
契約期間 / 違約金2年 / 3,000円(不課税)
スマホとの
セット割引
IIJmioモバイル
回線タイプ光コラボレーション

株式会社インターネットイニシアティブのIIJmioと言えば格安SIMサービスが有名ですが、NTTの回線網を借り受け光回線サービスも提供しています。

それが、IIJmioひかり(アイアイジェイミオひかり)です。

大きな特徴はセット割サービス『mio割』が組めること。

自社サービスのIIJmioひかりとIIJmioモバイルとセットで利用することで、毎月660円の割り引きが適用できます。

また、自動更新契約では無く24カ月間の最低利用期間設定なので、3年目以降は解約時に違約金が発生しません。

さらに、現在下記のお得なキャンペーンを展開中です。

Webリニューアルキャンペーン
  • 6カ月間 3,696円の月額料金割引
  • 初期費用0円
  • hulu1カ月分のチケットプレゼント

スマホの月額料金を下げたいとお考えなら、光回線と合わせてIIJmioへ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

\スマホとセットでお得!/

GMO光アクセス

GMO光アクセス
平均実測値下り:662.91Mbps
上り:676.78Mbps
Ping値:14.49ms
月額基本料金戸建て:4,818円
マンション:3,773円
開通工事費戸建て:26,400円
マンション:25,300円
※割引特典で実質無料
事務手数料3,300円
契約期間 / 違約金無し / 0円
スマホとの
セット割引
無し
回線タイプ光コラボレーション

GMO光アクセス(GMOとくとくBB)は、月額料金の安さが魅力の光回線です。

月額料金は3,773円からと主要な光回線と比べて非常に安く、開通工事費は実質無料。

契約期間縛りや解約違約金もありません。

それでいて通信速度は安定していて、高速通信に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

速度と料金どちらも重視する方におすすめのサービスです。

\最大103,000円キャッシュバック/

>GMO光アクセスの特徴

通信速度が速い光回線ランキングまとめ

実際に利用している方の平均実測値から通信速度が特に速い光回線を5つ厳選し、ランキング形式で紹介しました。

今記事のまとめです。

実測値やサービス内容から総合的に判断すると、独自回線を使用している次の2つが特におすすめです!

ダントツで速い独自回線

ただし、どちらも全国対応ではないので、提供エリア外にお住まいの方はNTT回線を使用している光コラボレーションサービスを検討してみてください。

光コラボレーションの中で速度が速いのは次の3つです。

全国エリア対応で通信速度が速い光コラボレーション

平均実測値の速い光回線を選んで、快適なインターネット生活をスタートさせましょう!

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました