PR

引越し時の光回線は移転より乗り換えがお得!キャッシュバックや特典を受け取ろう

引越し時の光回線は移転より乗り換えがお得!キャッシュバックや特典を受け取ろう 光回線

今度引越しするんだけど、光回線は移転先でも使えるの?それともいったん解約してまた契約した方がいいの?

光回線は『移転』も出来るけど、基本的には乗り換えがおすすめです

光回線の引越し手続きは、『移転』と『乗り換え』があります。

移転は、今契約している光回線を引越し先でも引き継いで利用する手続き。

乗り換えは、引越し時に光回線を解約し、引越し先で新たに光回線を契約する手続きです。

結論からお伝えすると、引越し時の光回線は『乗り換え』がおすすめです!

ということで今回は、引越し時に光回線を乗り換えたほうがお得な理由と、具体的な乗り換え手順を解説します。

引越し時に光回線を乗り換えたほうがお得な理由

引越しを控えている方は、ぜひご覧ください。

引越し時は光回線の『移転』か『乗り換え』手続きが必要

引越し

転居する際は、荷物などの引越し作業だけでなく、光回線の引越し手続きも必要です。

光回線の引越し手続きは、以下の2種類あります。

移転現在の光回線を解約せず、引越し先でも継続利用する
乗り換え現在の光回線を解約し、引越し先で新たな光回線を契約する

どちらの手続きもせずに引越してしまうと新居でネットが使えませんし、無駄な月額料金を払い続けることになります。

引越し時は忘れずに手続きを進めましょう。

そもそも移転できない場合もある

今契約している光回線を継続利用したいと思っても、必ず『移転』できるわけではありません。

引越し先の住居や周辺のエリアが、今の光回線に対応していないことがあるためです。

その場合は『移転』できないので、必然的に『乗り換え』となります。

例えば、NURO光やauひかり、電力系光回線は全国対応では無いので注意が必要です

一方、NTTの回線網を借りて運用されている『光コラボレーション・サービス』なら、日本全国ほとんどの地域で契約できます。

主な光コラボレーション・サービス
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • So-net光プラス
  • 楽天ひかり
  • @nifty光

引越し時に光回線を乗り換えたほうがお得な理由

引越しの際は、今契約している光回線を移転するよりも、新たに乗り換えてしまったほうがお得です。

具体的な理由は2つあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.乗り換えの方がキャンペーン特典が豪華

キャンペーン

多くの光回線は、新規契約すると豪華特典が貰えるキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック特典が多いですが、一定期間の月額料金割引やWi-Fiルータープレゼントなどもあります

また、光回線の事業者によっては、他社光回線から乗り換えた人向けに解約違約金を補填するなどの『乗り換えキャンペーン』を展開しているところもあります。

一方で、光回線を移転する場合は、ほとんど特典が貰えません。

移転よりも乗り換えのほうが金銭的なメリットが大きいのです。

2.移転しても工事費用がかかる

現在の光回線を移転して継続利用する場合でも、引越し先での開通工事は必要です。

また、新しい光回線に乗り換える場合も、同じく引越し先にて開通工事を行います。

つまり、移転と乗り換えのどちらを選んでも、基本的に開通工事は行わなければならないんです。

どちらにせよ工事の手間が発生するのであれば、移転するメリットはほとんど無いと言えるでしょう。

また、乗り換えの場合、新規申し込みキャンペーン特典の一つとして、工事費用が無料、または実質無料になるケースも少なくありません。

開通工事費無料・実質無料の光回線

引越し時の光回線の乗り換え手順

ステップ・流れ

引越し時に光回線を乗り換える際は、以下の流れで進めます。

順番に見ていきましょう。

1.乗り換え先の光回線の提供エリアを確認

はじめに、引越し先の住所が乗り換え予定の光回線の提供エリアに入っているかを確認してください。

提供エリアは光回線の公式ページ上で検索できます。

あらかじめ、新居の正確な住所がわかる書類を用意しておきましょう。

2.乗り換え先の光回線に申し込む

乗り換え先の光回線に申し込み、新規契約を結びます。

ほとんどの光回線事業者は、ホームページや電話で申し込みを受け付けています。

だいたい申し込み種別が3種類用意されていますが、引越しの場合は新規を選んでください。

申し込み種別
新規新規で光回線を契約する方。引越しもこちら。
転用フレッツ光から光コラボレーションに切り替える方。
事業者変更光コラボレーションから他社の光コラボレーションに切り替える方。

申し込み後、契約書類などが自宅に送られてきます。

3.現在契約中の光回線を解約する

現在契約している光回線の公式ホームページや電話サポートで、解約手続きします。

この際、回線の撤去が必要な場合は撤去工事の手配も行ってください。

撤去工事の費用は光回線業者によって異なります。

無料の場合もあれば、結構お金が掛かる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、乗り換え先の光回線を申し込む前に解約してしまうと、乗り換えキャンペーンの対象にならなくなってしまうことがあるので、ご注意ください。

先に申し込みをして後で解約した方が無難です

4.撤去工事とレンタル機器の返却

回線の撤去が必要な人は、撤去工事に立ち会います。

本人が立ち会えない場合、親族などが代行することも可能なので、あらかじめ事業者に連絡しておきましょう。

加えて、レンタルしている機器も撤去工事日に返却します。

たとえば、ONUやWi-Fiルーターなどです。

撤去工事を行わない人は、事業者からレンタル機器の返却用キットが送られてきます。

キットにレンタル機器を梱包し、所定の住所へ郵送しましょう。

5.引越し先の開通工事

最後に、新居への入居日以降に、乗り換え先の光回線の開通工事を行います。

開通工事は立ち会いが必要です。

スケジュールに注意し、立ち会えない場合は家族に代行をお願いしてください。

開通工事が終われば、光回線でインターネットが利用できるようになります!

パソコンやスマホをWi-Fiに接続して、問題無く利用できるかチェックしましょう。

光回線を乗り換える際の注意点

光回線を乗り換える場合、注意点が2つあります。

こちらもしっかり把握してから、手続きを進めてください。

1.タイミングによっては違約金が発生する

多くの光回線は契約期間を設けていて、その合間に訪れる更新月以外に解約すると違約金が発生してしまいます。

違約金を支払いたくない人は、更新月に合わせて解約できないか事前に確認しておきましょう。

更新月は契約している光回線のマイページで確認できます

とはいえ、光回線の更新月は2~3年のうちの数カ月ですから、引越しのタイミングに合わせるのは難しいです。

どうしても違約金が発生して困ってしまう方は、違約金補填キャンペーンを展開している光回線への乗り換えを検討してみてください。

2.プロバイダメールが使えなくなる

メール

プロバイダメールを使っている方は、光回線を乗り換えると使用できなくなってしまいます

プロバイダメールとは、光回線の運営元であるプロバイダが、自社のお客さんのために発行しているメールアドレスです。

@の後にプロバイダのドメインが入っているのが特徴です。

もし、そういったメールをメインで利用している場合は、プロバイダを解約する前にメールを移行するなどの対処をしておいた方が良いでしょう。

個人的には、プロバイダのメールアドレスでは無く、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールをメインにすることをおすすめします

尚、プロバイダによってはメール専用プランを用意しているところもあります。

例えばBIGLOBEの場合、月額220円のベーシックコースに変更することで、引き続き同じメールアドレスを使うことが可能です。

ただし、すべてのプロバイダでメールのみのプランがあるわけでは無いので、必ず乗り換える前に確認しておきましょう。

引越し時の乗り換え先としておすすめの光回線

最後に、引越し時の乗り換え先としておすすめの光回線を2つ紹介します。

この2つは、NTT回線を使用している光コラボレーションですので、日本全国の幅広いエリアで契約可能です。

乗り換えキャンペーン展開中の『GMOとくとくBB光』

GMOとくとくBB光は、現在キャッシュバックが貰える申し込みキャンペーンを展開中です!

キャッシュバック額はこちら。

全員に5,000円
乗換時に違約金が発生する方最大65,000円
指定オプション申込ひかり電話:4,000円
ひかりテレビ:20,000円
※全員への5,000円と乗換時のキャッシュバックは併用できません

新規、乗り換えに関わらず、GMOとくとくBB光の申込者全員が5,000円キャッシュバックの対象です。

さらに、他社回線からの乗り換える際に違約金や工事費残債・端末残債などが発生してしまう方は、キャッシュバックが65,000円に増額されます。

オプション加入も含めたキャッシュバック総額は、なんと最大89,000円です。

尚、乗り換えキャッシュバックの申請には、解約金・撤去費用・端末残債等の証明書が必要です。

また、GMOとくとくBB光の申し込みより先にサービスを解約してしまうとキャンペーンの対象外とされてしまうので、ご注意ください。

必ず、GMOとくとくBB光を申し込んだ後に解約するようにしましょう

\最大89,000円キャッシュバック/

>GMOとくとくBB光の特徴

開通工事費が完全無料の『excite MEC光』

excite MEC光は、検索エンジンやポータルサイトなどを展開するエキサイト株式会社がNTTのフレッツ光回線を借り受けて提供している光回線サービスです。

その特徴は、格安光回線であること、そして工事費が無料であること、さらに契約期縛り&解約違約金ないことが挙げられます。

特に、工事費無料と解約違約金無しの両方に対応しているのがすごい!

つまり、仮に短期で解約することになっても、工事費の残債や解約違約金を請求されてしまうリスクが一切無いんです。

この両方に対応している光回線はほぼありません。

また、高速通信規格のDS-Liteに標準対応していて、さらに申し込みキャンペーンでWi-Fiルーターが貰えるため、開通直後から安定したインターネット通信が利用できます。

exciteMEC光は、特に初めて自宅に光回線を導入するという方におすすめです。

\高速通信対応のWi-Fiルーターが貰える!/

>excite MEC光のメリット・デメリット

まとめ

引越し時に光回線を乗り換えたほうがお得な理由と、具体的な乗り換え手順を解説しました。

今記事のまとめです。

引越しする際は、光回線の『乗り換え』がおすすめです!

引越し時に光回線を乗り換えたほうがお得な理由

現在の光回線を継続利用する『移転』も可能ですが、ほとんどのケースで特典がありません。

移転と乗り換え、どちらを選んでも工事費用がかかるため、キャッシュバックや工事費無料などの特典が適用される乗り換えのほうがお得というわけです。

『現在の光回線が大好きなので使い続けたい!』という方以外は、引越しの際は乗り換えをベースに検討してみましょう。

おすすめの乗り換え先

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました